カテゴリ:

コンテキスト関数 (セッション)

ALL_USER_NAMES

アカウント名が渡された場合は指定されたアカウントのすべてのユーザー名を返し、アカウント名が渡されなかった場合は現在のアカウントのすべてのユーザー名を返します。

構文

ALL_USER_NAMES( [ '<string_literal>' ] )

引数

オプション:

文字列リテラル

アカウントの名前。

アカウント名全体を一重引用符で囲む必要があります。たとえば、Snowflake URL が https://my-account.us-east-2.aws.snowflakecomputing.com の場合、 'my-account' を使用します。

戻り値

返される値のデータ型は ARRAY です。

使用上の注意

  • ユーザー名(つまり、 NAME プロパティ値)はSnowflake内のユーザーオブジェクトの一意の識別子であり、ログイン名(つまり、 LOGIN_NAME プロパティ値)はSnowflakeへの認証に使用されます。ユーザー名は機密データではなく、他のコマンドや関数(SHOW GRANTS など)によって返されます。ログイン名は機密データです。

  • ベストプラクティスとして、ユーザー名とログイン名の値は異なる必要があります。既存のユーザー名またはログイン名の値を更新するには、 ALTER USER コマンドを実行します。 CREATE USER コマンドを使用して新しいユーザーを作成するときは、 NAMELOGIN_NAME の値が異なることを確認してください。

現在のアカウントのすべてのユーザー名を返します。

select all_user_names();

+---------------------------+
| ALL_USER_NAMES()          |
+---------------------------+
| [ "user1", "user2", ... ] |
+---------------------------+

指定されたアカウントのすべてのユーザー名を返します。

select all_user_names('my-account');

+------------------------------+
| ALL_USER_NAMES('MY-ACCOUNT') |
+------------------------------+
| [ "user1", "user2", ... ]    |
+------------------------------+