カテゴリ:

日付と時刻の関数

DATEDIFF

要求された日付または時刻の部分に基づいて、2つの日付、時刻、またはタイムスタンプ式の差を計算します。この関数は、3番目の引数から2番目の引数を減算した結果を返します。

マイナス記号(-)を使用して日付を減算することもできます。

こちらもご参照ください。

TIMEDIFF , TIMESTAMPDIFF

構文

DATEDIFF の場合

DATEDIFF( <date_or_time_part>, <date_or_time_expr1>, <date_or_time_expr2> )

マイナス記号の場合

<date_expr2> - <date_expr1>

引数

DATEDIFF の場合:

date_or_time_part

The unit of time. Must be one of the values listed in サポートされている日付と時刻の部分 (e.g. month). The value can be a string literal or can be unquoted (e.g. 'month' or month).

date_or_time_expr1, date_or_time_expr2

The values to compare. Must be a date, a time, a timestamp, or an expression that can be evaluated to a date, a time, or a timestamp. The value date_or_time_expr1 is subtracted from date_or_time_expr2.

マイナス記号の場合:

date_expr1, date_expr2

The values to compare. Must be a date, or an expression that can be evaluated to a date. The value date_expr1 is subtracted from date_expr2.

戻り値

DATEDIFF の場合:

date_or_time_expr2date_or_time_expr1 の単位(秒、日など)の差を表す整数を返します。

マイナス記号の場合:

date_expr2date_expr1 の日数の差を表す整数を返します。(単位は常に日数です。)

使用上の注意

DATEDIFF とマイナス記号の両方の場合:

  • 出力値は、-12日などの負の値にすることができます。

DATEDIFF の場合:

  • date_or_time_expr1 および date_or_time_expr2 は、日付、時刻、またはタイムスタンプにすることができます。

  • The function supports units of years, quarters, months, weeks, days, hours, minutes, seconds, milliseconds, microseconds, and nanoseconds.

  • date_or_time_part は、 サポートされている日付と時刻の部分 にリストされている値のいずれかでなければなりません。

    date_or_time_partweek (またはそのバリエーション)である場合、出力は WEEK_START セッションパラメーターによって制御されます。例などの詳細については、 カレンダーの週と平日 をご参照ください。

  • 差の計算に使用される単位(例: month)は、 DATE、 TIME、または TIMESTAMP フィールドのどの部分が結果の決定に使用されるかを決定し、結果の精度を決定します。

    小さい単位は使用されないため、値は丸められません。たとえば、2021年1月1日と2021年2月28日の差が、1か月よりも2か月に近い場合でも、次のように1か月が返されます。

    DATEDIFF(month, '2021-01-01'::DATE, '2021-02-28'::DATE)
    

    DATE 値の場合:

    • year は、年のみを使用し、他のすべての部分を無視します。

    • month は、月と年を使用します。

    • day は、日付全体を使用します。

    TIME 値の場合:

    • hour は、時のみを使用し、他のすべての部分を無視します。

    • minute は、時と分を使用します。

    • second は、時、分、秒を使用しますが、小数秒は使用しません。

    • millisecond は、時、分、秒、および小数秒の最初の3桁を使用します。小数秒は丸められません。たとえば、 DATEDIFF(milliseconds, '00:00:00', '00:00:01.1239') は1.124秒ではなく、1.123秒を返します。

    • microsecond は、時、分、秒、および小数秒の最初の6桁を使用します。小数秒は丸められません。

    • nanosecond は、時、分、秒、および小数秒の9桁すべてを使用します。

    TIMESTAMP 値の場合:

    ルールは、上記の DATE および TIME データ型のルールと一致します。指定された単位以上の単位のみが使用されます。

マイナス記号の場合:

  • date_expr1date_expr2 は両方とも日付である必要があります。時間とタイムスタンプは許可されていません。

2つのタイムスタンプの年の差を計算します。

SELECT DATEDIFF(year, '2010-04-09 14:39:20'::TIMESTAMP, 
                      '2013-05-08 23:39:20'::TIMESTAMP) 
               AS diff_years;
+------------+
| DIFF_YEARS |
|------------|
|          3 |
+------------+

2つのタイムスタンプの時間の差を計算します。

SELECT DATEDIFF(hour, '2013-05-08T23:39:20.123-07:00'::TIMESTAMP, 
    DATEADD(year, 2, ('2013-05-08T23:39:20.123-07:00')::TIMESTAMP)) 
               AS diff_hours;
+------------+
| DIFF_HOURS |
|------------|
|      17520 |
+------------+

日付部分が DATEDIFF 計算にどのように影響するかを示します。また、日付の減算にマイナス記号を使用する方法を示します。

SELECT column1 date_1, column2 date_2,
      DATEDIFF(year, column1, column2) diff_years,
      DATEDIFF(month, column1, column2) diff_months,
      DATEDIFF(day, column1, column2) diff_days,
      column2::DATE - column1::DATE AS diff_days_via_minus
    FROM VALUES
      ('2015-12-30', '2015-12-31'),
      ('2015-12-31', '2016-01-01'),
      ('2016-01-01', '2017-12-31'),
      ('2016-08-23', '2016-09-07');
+------------+------------+------------+-------------+-----------+---------------------+
| DATE_1     | DATE_2     | DIFF_YEARS | DIFF_MONTHS | DIFF_DAYS | DIFF_DAYS_VIA_MINUS |
|------------+------------+------------+-------------+-----------+---------------------|
| 2015-12-30 | 2015-12-31 |          0 |           0 |         1 |                   1 |
| 2015-12-31 | 2016-01-01 |          1 |           1 |         1 |                   1 |
| 2016-01-01 | 2017-12-31 |          1 |          23 |       730 |                 730 |
| 2016-08-23 | 2016-09-07 |          0 |           1 |        15 |                  15 |
+------------+------------+------------+-------------+-----------+---------------------+

時間部分が DATEDIFF の計算にどのように影響するかを示します。

ALTER SESSION SET TIMESTAMP_NTZ_OUTPUT_FORMAT = 'DY, DD MON YYYY HH24:MI:SS';
SELECT column1 timestamp_1, column2 timestamp_2,
      DATEDIFF(hour, column1, column2) diff_hours,
      DATEDIFF(minute, column1, column2) diff_minutes,
      DATEDIFF(second, column1, column2) diff_seconds
    FROM VALUES
      ('2016-01-01 01:59:59'::TIMESTAMP, '2016-01-01 02:00:00'::TIMESTAMP),
      ('2016-01-01 01:00:00'::TIMESTAMP, '2016-01-01 01:59:00'::TIMESTAMP),
      ('2016-01-01 01:00:59'::TIMESTAMP, '2016-01-01 02:00:00'::TIMESTAMP);
+---------------------------+---------------------------+------------+--------------+--------------+
| TIMESTAMP_1               | TIMESTAMP_2               | DIFF_HOURS | DIFF_MINUTES | DIFF_SECONDS |
|---------------------------+---------------------------+------------+--------------+--------------|
| Fri, 01 Jan 2016 01:59:59 | Fri, 01 Jan 2016 02:00:00 |          1 |            1 |            1 |
| Fri, 01 Jan 2016 01:00:00 | Fri, 01 Jan 2016 01:59:00 |          0 |           59 |         3540 |
| Fri, 01 Jan 2016 01:00:59 | Fri, 01 Jan 2016 02:00:00 |          1 |           60 |         3541 |
+---------------------------+---------------------------+------------+--------------+--------------+
最上部に戻る