カテゴリ:

日付と時刻の関数

TIME_FROM_PARTS

個々の数値コンポーネントから時刻を作成します。

エイリアス:

TIMEFROMPARTS

構文

TIME_FROM_PARTS( <hour>, <minute>, <second> [, <nanoseconds>] )

引数

必須:

通常は0~23の範囲で、時刻を構築するために時間として使用する整数式です。

通常は0~59の範囲で、時刻を構築するための分として使用する整数式です。

通常は0~59の範囲で、時刻を構築するための秒として使用する整数式です。

オプション:

ナノ秒

時刻を構築するためのナノ秒として使用する9桁の整数式です。

使用上の注意

TIME_FROM_PARTS は、一般的に「通常の」範囲の値(時間0~23、分0~59)の値を処理するために使用されますが、これらの範囲外の値も処理します。これにより、例えば1日のN番目の分を選択できます。これを使用して、一部の計算を簡素化できます。

ALTER SESSION SET TIME_OUTPUT_FORMAT='HH24:MI:SS.FF9';

通常範囲内のコンポーネント:

select time_from_parts(12, 34, 56, 987654321);

----------------------------------------+
 TIME_FROM_PARTS(12, 34, 56, 987654321) |
----------------------------------------+
 12:34:56.987654321                     |
----------------------------------------+

通常範囲外のコンポーネント:

  • 100分(午前0時から)

  • 12345秒(正午から)

    select time_from_parts(0, 100, 0), time_from_parts(12, 0, 12345);
    
    ----------------------------+-------------------------------+
     TIME_FROM_PARTS(0, 100, 0) | TIME_FROM_PARTS(12, 0, 12345) |
    ----------------------------+-------------------------------+
     01:40:00.000000000         | 15:25:45.000000000            |
    ----------------------------+-------------------------------+