REPLICATION_DATABASES ビュー

このInformation Schemaビューには、組織内の各プライマリデータベースとセカンダリデータベース(つまり、複製が有効になっているデータベース)の行が表示されます。

注釈

このビューでは「データベース」というSnowflakeの用語を使用しますが、他のInformation Schemaビューでは「カタログ」という標準の INFORMATION_SCHEMA 用語を使用します。2つの用語の意味は同じです。

列名

データ型

説明

REGION_GROUP

TEXT

データベースを保存するアカウントがある リージョングループ

SNOWFLAKE_REGION

TEXT

データベースを保存するアカウントがあるSnowflake Region。Snowflake Regionは、他のSnowflake Regionから分離されたクラウドプラットフォーム地域内の別個の場所です。Snowflake Regionは、マルチテナントまたはシングルテナント(Virtual Private Snowflakeアカウントの場合)にすることができます。

ACCOUNT_NAME

TEXT

データベースが保存されているアカウントの名前。

DATABASE_NAME

TEXT

データベースの名前。

COMMENT

TEXT

データベースのコメント。

CREATED

TIMESTAMP_LTZ

データベースが作成された日時。

IS_PRIMARY

TEXT

データベースがプライマリデータベースであるかどうか。それ以外の場合は、セカンダリデータベース。

PRIMARY

TEXT

プライマリデータベースの名前。

REPLICATION_ALLOWED_TO_ACCOUNTS

TEXT

IS_PRIMARY が TRUE の場合は、このプライマリデータベースに対して複製が有効になっているアカウントの完全修飾名が表示されます。

FAILOVER_ALLOWED_TO_ACCOUNTS

TEXT

IS_PRIMARY が TRUE の場合は、このプライマリデータベースに対してフェールオーバーが有効になっているアカウントの完全修飾名を示します。

使用上の注意

  • ビューには、セッションの現在のロールにアクセス権限が付与されているオブジェクトのみが表示されます。ビューは MANAGE GRANTS 権限を優先しないため、 MANAGE GRANTS 権限を持つユーザーが両方を実行する場合、SHOW コマンドよりも表示される情報が少なくなる場合があります。

最上部に戻る