REPLICATION_GROUPS ビュー

このInformation Schemaビューには、組織内の各プライマリおよびセカンダリ複製および/またはフェールオーバーグループの行が表示されます。

注釈

このビューでは「データベース」というSnowflakeの用語を使用しますが、他のInformation Schemaビューでは「カタログ」という標準の INFORMATION_SCHEMA 用語を使用します。2つの用語の意味は同じです。

列名

データ型

説明

SNOWFLAKE_REGION

TEXT

アカウントが配置されているSnowflake Region。Snowflake Regionは、他のSnowflake Regionから分離されたクラウドプラットフォームリージョン内の別個の場所です。Snowflake Regionは、マルチテナントまたはシングルテナント(Virtual Private Snowflakeアカウントの場合)にすることができます。

CREATED_ON

TIMESTAMP_LTZ

複製またはフェールオーバーグループが作成された日時。

ACCOUNT_NAME

TEXT

アカウントの名前。

NAME

TEXT

複製またはフェールオーバーグループの名前。

TYPE

TEXT

グループの型。有効な値は REPLICATION または FAILOVER

COMMENT

TEXT

コメント文字列。

IS_PRIMARY

TEXT

複製グループまたはフェールオーバーグループがプライマリグループであるかどうかを示します。

PRIMARY

TEXT

プライマリグループの名前。

OBJECT_TYPES

TEXT

複製(および FAILOVER グループの場合はフェールオーバー)が有効になっている指定されたオブジェクト型のリスト。

ALLOWED_INTEGRATION_TYPES

TEXT

複製が有効になっている統合型のリスト。統合が CREATE <オブジェクト> または ALTER <オブジェクト> コマンドで指定されていない場合でも、Snowflakeは常にこの列を出力に含めます。

ALLOWED_ACCOUNTS

TEXT

複製とフェールオーバーが有効になっているアカウントのリスト。

ORGANIZATION_NAME

TEXT

Snowflake組織の名前。

ACCOUNT_LOCATOR

TEXT

リージョン内のアカウントロケーター。

REPLICATION_SCHEDULE

TEXT

更新のスケジュールされた間隔。複製スケジュールが設定されていない場合は NULL。

SECONDARY_STATE

TEXT

スケジュールされた更新の現在の状態。有効な値は started または suspended。複製スケジュールが設定されていない場合は NULL。

NEXT_SCHEDULED_REFRESH

TEXT

スケジュールされた次回更新の日時。

OWNER

TEXT

複製またはフェールオーバーグループに対する OWNERSHIP 権限を持つロールの名前。複製またはフェールオーバーグループが別のリージョンにある場合は NULL。

使用上の注意

  • ビューには、セッションの現在のロールにアクセス権限が付与されているオブジェクトのみが表示されます。ビューは MANAGE GRANTS 権限を優先しないため、 MANAGE GRANTS 権限を持つユーザーが両方を実行する場合、SHOW コマンドよりも表示される情報が少なくなる場合があります。

最上部に戻る