カテゴリ:

ユーザーとセキュリティ DDL (サードパーティのサービス統合)

ALTER SECURITY INTEGRATION (Snowflake OAuth)

Snowflake OAuth クライアント用に作成された既存のセキュリティ統合のプロパティを変更します。他の型のセキュリティ統合(例: 外部 OAuth)の変更については、 ALTER SECURITY INTEGRATION をご参照ください。

こちらもご参照ください。

CREATE SECURITY INTEGRATION (Snowflake OAuth)DROP INTEGRATIONSHOW INTEGRATIONSDESCRIBE INTEGRATION

このトピックの内容:

構文

ALTER [ SECURITY ] INTEGRATION <name> SET TAG <tag_name> = '<tag_value>' [ , <tag_name> = '<tag_value>' ... ]

ALTER [ SECURITY ] INTEGRATION <name> UNSET TAG <tag_name> [ , <tag_name> ... ]

パートナーアプリケーション用Snowflake OAuth

ALTER [ SECURITY ] INTEGRATION [ IF EXISTS ] <name> SET
  [ ENABLED = { TRUE | FALSE } ]
  [ OAUTH_ISSUE_REFRESH_TOKENS = TRUE | FALSE ]
  [ OAUTH_REDIRECT_URI ] = '<uri>'
  [ OAUTH_REFRESH_TOKEN_VALIDITY = <integer> ]
  [ OAUTH_USE_SECONDARY_ROLES = IMPLICIT | NONE ]
  [ BLOCKED_ROLES_LIST = ( '<role_name>' [ , '<role_name>' , ... ] ) ]
  [ COMMENT = '<string_literal>' ]

ALTER [ SECURITY ] INTEGRATION [ IF EXISTS ] <name> UNSET {
  ENABLED |
  COMMENT
  }
  [ , ... ]

カスタムクライアント用Snowflake OAuth

ALTER [ SECURITY ] INTEGRATION [ IF EXISTS ] <name> SET
  [ ENABLED = { TRUE | FALSE } ]
  [ OAUTH_REDIRECT_URI = '<uri>' ]
  [ OAUTH_ALLOW_NON_TLS_REDIRECT_URI = TRUE | FALSE ]
  [ OAUTH_ENFORCE_PKCE = TRUE | FALSE ]
  [ PRE_AUTHORIZED_ROLES_LIST = ( '<role_name>' [ , '<role_name>' , ... ] ) ]
  [ BLOCKED_ROLES_LIST = ( '<role_name>' [ , '<role_name>' , ... ] ) ]
  [ OAUTH_ISSUE_REFRESH_TOKENS = TRUE | FALSE ]
  [ OAUTH_REFRESH_TOKEN_VALIDITY = <integer> ]
  [ OAUTH_USE_SECONDARY_ROLES = IMPLICIT | NONE ]
  [ NETWORK_POLICY = '<network_policy>' ]
  [ OAUTH_CLIENT_RSA_PUBLIC_KEY = <public_key1> ]
  [ OAUTH_CLIENT_RSA_PUBLIC_KEY_2 = <public_key2> ]
  [ COMMENT = '{string_literal}' ]

ALTER [ SECURITY ] INTEGRATION [ IF EXISTS ] <name>  UNSET {
                                                           ENABLED                       |
                                                           NETWORK_POLICY                |
                                                           OAUTH_CLIENT_RSA_PUBLIC_KEY   |
                                                           OAUTH_CLIENT_RSA_PUBLIC_KEY_2 |
                                                           OAUTH_USE_SECONDARY_ROLES = IMPLICIT | NONE
                                                           COMMENT
                                                           }
                                                           [ , ... ]

パラメーター

Snowflake OAuth パートナーアプリケーションパラメーター

セキュリティ統合の OAUTH_CLIENT = <partner_application> の場合に、これらのパラメーターを使用します。たとえば、これらのパラメーターは OAUTH_CLIENT = TABLEAU_SERVER に対して有効です。

name

変更する統合の識別子。識別子にスペースまたは特殊文字が含まれる場合、文字列全体を二重引用符で囲む必要があります。二重引用符で囲まれた識別子も大文字と小文字が区別されます。

SET ...

統合用に設定する1つ以上のプロパティ/パラメーターを指定します(空白、コンマ、または改行で区切られます)。

ENABLED = TRUE | FALSE

統合の操作を開始するか、中断するかを指定します。

  • TRUE は、パイプ定義で指定されたパラメーターに基づいて統合を許可します。

  • FALSE は、メンテナンスのために統合を一時停止します。Snowflakeとサードパーティサービス間の統合はいずれも機能しません。

OAUTH_REDIRECT_URI = 'uri'

クライアント URIを指定します。ユーザーが認証されると、ウェブブラウザーはこの URI にリダイレクトされます。

このパラメーターは、 OAUTH_CLIENT = LOOKER の場合に必要です。詳細については、 Lookerドキュメント の例をご参照ください。

OAUTH_ISSUE_REFRESH_TOKENS = TRUE | FALSE

現在のアクセストークンの有効期限が切れたときに、クライアントがアクセストークンの更新トークンを交換できるようにするかどうかを指定するブール値。 FALSE に設定されている場合、更新トークンは発行されません。ユーザーの同意は取り消され、ユーザーは再度認証を確認する必要があります。

デフォルト: TRUE

OAUTH_REFRESH_TOKEN_VALIDITY = integer

更新トークンの有効期間を秒単位で指定する整数。これを使用して、更新トークンを定期的に失効させることができます。

組織で最小値または最大値をそれぞれ増減する場合は、アカウント管理者に依頼して Snowflakeサポート にリクエストを送信してください。

86400 (1日)から 7776000 (90日)

デフォルト

7776000

OAUTH_USE_SECONDARY_ROLES = IMPLICIT | NONE

IMPLICIT

ユーザープロパティで設定されたデフォルトのセカンダリロールは、開かれているセッション内においてデフォルトでアクティブ化されます。

NONE

デフォルトのセカンダリロールは、開かれているセッションではサポートされていません。

デフォルト: NONE

BLOCKED_ROLES_LIST = ( 'role_name' [ , 'role_name' , ... ] )

認証後に、ユーザーが使用に対して明示的に同意 できない Snowflakeロールのコンマ区切りリスト(例: 'custom_role1', 'custom_role2')。

ACCOUNTADMIN、ORGADMIN、 および SECURITYADMIN ロールはデフォルトでこのリストに含まれます。ただし、これらのロールをアカウントから削除する必要がある場合は、アカウント管理者に依頼して、 Snowflakeサポート にリクエストを送信してください。

TAG tag_name = 'tag_value' [ , tag_name = 'tag_value' , ... ]

タグ の名前とタグ文字列の値を指定します。

タグ値は常に文字列であり、タグ値の最大文字数は256です。

ステートメントにあるタグの指定の詳細については、 オブジェクトおよび列のタグクォータ をご参照ください。

COMMENT = 'string_literal'

統合のコメントを指定する文字列(リテラル)。

Snowflake OAuth カスタムクライアントパラメーター

セキュリティ統合の OAUTH_CLIENT = CUSTOM の場合に、これらのパラメーターを使用します。

name

変更する統合の識別子。識別子にスペースまたは特殊文字が含まれる場合、文字列全体を二重引用符で囲む必要があります。二重引用符で囲まれた識別子も大文字と小文字が区別されます。

SET ...

統合用に設定する1つ以上のプロパティ/パラメーターを指定します(空白、コンマ、または改行で区切られます)。

ENABLED = TRUE | FALSE は、統合の操作を開始するか、一時停止するかを指定します。

  • TRUE は、パイプ定義で指定されたパラメーターに基づいて統合を許可します。

  • FALSE は、メンテナンスのために統合を一時停止します。Snowflakeとサードパーティサービス間の統合はいずれも機能しません。

OAUTH_REDIRECT_URI = 'uri'

クライアント URIを指定します。ユーザーが認証されると、ウェブブラウザーはこの URI にリダイレクトされます。オプションの OAUTH_ALLOW_NON_TLS_REDIRECT_URI パラメーターが TRUE に設定されていない限り、 URI は TLS (トランスポート層セキュリティ)で保護する必要があります。

OAUTH_ALLOW_NON_TLS_REDIRECT_URI = TRUE | FALSE

TRUE の場合は、 OAUTH_REDIRECT_URI を TLS で保護されて いない URIに設定できます。フィッシング攻撃で使用される中間者 OAuth リダイレクトを防ぐために、 TLS の使用を強くお勧めします。

デフォルト: FALSE

OAUTH_ENFORCE_PKCE = TRUE | FALSE

統合にコード交換の証明キー(PKCE)が必要かどうかを指定するブール値。

デフォルト: FALSE

OAUTH_USE_SECONDARY_ROLES = IMPLICIT | NONE

IMPLICIT

ユーザープロパティで設定されたデフォルトのセカンダリロールは、開かれているセッション内においてデフォルトでアクティブ化されます。

NONE

デフォルトのセカンダリロールは、開かれているセッションではサポートされていません。

デフォルト: NONE

PRE_AUTHORIZED_ROLES_LIST = '( role_name' [ , 'role_name , ... ] ')

ユーザーが認証後の使用に明示的に同意する必要のないSnowflakeロールのコンマ区切りリスト(例: 'custom_role1', 'custom_role2')。 ACCOUNTADMIN および SECURITYADMIN のロールをこのリストに含めることはできません。

注釈

このパラメーターは機密クライアントでのみサポートされています。

BLOCKED_ROLES_LIST = ( 'role_name' [ , 'role_name' , ... ] )

認証後に、ユーザーが使用に対して明示的に同意 できない Snowflakeロールのコンマ区切りリスト(例: 'custom_role1', 'custom_role2')。

ACCOUNTADMIN、ORGADMIN、 および SECURITYADMIN ロールはデフォルトでこのリストに含まれます。ただし、これらのロールをアカウントから削除する必要がある場合は、アカウント管理者に依頼して、 Snowflakeサポート にリクエストを送信してください。

OAUTH_ISSUE_REFRESH_TOKENS = TRUE | FALSE

現在のアクセストークンの有効期限が切れたときに、クライアントがアクセストークンの更新トークンを交換できるようにするかどうかを指定するブール値。 FALSE に設定されている場合、更新トークンは発行されません。ユーザーの同意は取り消され、ユーザーは再度認証を確認する必要があります。

デフォルト: TRUE

OAUTH_REFRESH_TOKEN_VALIDITY = integer

更新トークンの有効期間を秒単位で指定する整数。これを使用して、更新トークンを定期的に失効させることができます。

更新トークンの有効期限が切れると、アプリケーションは、ユーザーに再度認証フローを指示して、新しい更新トークンを取得する必要があります。

サポートされている最小値、最大値、およびデフォルト値は次のとおりです。

アプリケーション

最小

最大

デフォルト

Tableau Desktop

60 (1分)

36000 (10時間)

36000 (10時間)

Tableau ServerまたはTableau Online

60 (1分)

7776000 (90日)

7776000 (90日)

カスタムクライアント

86400 (1日)

7776000 (90日)

7776000 (90日)

ビジネスで最小値を下げるか、最大値を上げる必要がある場合は、アカウント管理者に依頼して Snowflakeサポート にリクエストを送信してください。

NETWORK_POLICY = 'network_policy'

アカウントに対してアクティブな既存の ネットワークポリシー を指定します。ネットワークポリシーは、アクセストークンまたは更新トークンの認証コードを交換するとき、および更新トークンを使用して新しいアクセストークンを取得するとき、ユーザー IP アドレスのリストを制限します。このパラメーターが設定されていない場合は、アカウントのネットワークポリシー(存在する場合)が代わりに使用されます。

OAUTH_CLIENT_RSA_PUBLIC_KEY = public_key1

RSA パブリックキーを指定します。詳細については、 OAuth をご参照ください。

OAUTH_CLIENT_RSA_PUBLIC_KEY_2 = public_key2

2番目の RSA パブリックキーを指定します。キーのローテーションに使用されます。

TAG tag_name = 'tag_value' [ , tag_name = 'tag_value' , ... ]

タグ の名前とタグ文字列の値を指定します。

タグ値は常に文字列であり、タグ値の最大文字数は256です。

ステートメントにあるタグの指定の詳細については、 オブジェクトおよび列のタグクォータ をご参照ください。

COMMENT = 'string_literal'

統合のコメントを指定する文字列(リテラル)。

UNSET ...

セキュリティ統合の設定を解除する1つ以上のプロパティ/パラメーターを指定し、それらをデフォルトにリセットします。

  • ENABLED

  • NETWORK_POLICY

  • OAUTH_CLIENT_RSA_PUBLIC_KEY

  • OAUTH_CLIENT_RSA_PUBLIC_KEY_2

  • TAG tag_name [ , tag_name ... ]

  • COMMENT

使用上の注意

メタデータについて。

注意

Snowflakeサービスを使用する場合、お客様は、個人データ(ユーザーオブジェクト向け以外)、機密データ、輸出管理データ、またはその他の規制されたデータがメタデータとして入力されていないことを確認する必要があります。詳細については、 Snowflakeのメタデータフィールド をご参照ください。

次の例では、中断された統合の操作を開始します。

ALTER SECURITY INTEGRATION myint SET ENABLED = TRUE;
最上部に戻る