カテゴリ:

データベース、スキーマ、共有 DDL

ALTER SHARE

既存の 共有 のプロパティを変更します。

  • アカウントのリストに対してアカウントを追加または削除します。

  • 共有に対応するデータベースが共有されるアカウントの新しいリストを設定します。

  • 他のプロパティを変更します。パラメーターの詳細については、 パラメーター をご参照ください。

こちらもご参照ください。

CREATE SHAREDROP SHAREDESCRIBE SHARESHOW SHARES

構文

ALTER SHARE [ IF EXISTS ] <name> { ADD | REMOVE } ACCOUNTS = <consumer_account> [ , <consumer_account> , ... ]
                                        [ SHARE_RESTRICTIONS = { TRUE | FALSE } ]

ALTER SHARE [ IF EXISTS ] <name>  ADD ACCOUNTS = <consumer_account> [ , <consumer_account> , ... ]
                                        [ SHARE_RESTRICTIONS = { TRUE | FALSE } ]

ALTER SHARE [ IF EXISTS ] <name> SET { [ ACCOUNTS = <consumer_account> [ , <consumer_account> ... ] ]
                                       [ COMMENT = '<string_literal>' ] }

ALTER SHARE [ IF EXISTS ] <name> SET TAG <tag_name> = '<tag_value>' [ , <tag_name> = '<tag_value>' ... ]

ALTER SHARE <name> UNSET TAG <tag_name> [ , <tag_name> ... ]

ALTER SHARE [ IF EXISTS ] <name> UNSET COMMENT

パラメーター

name

変更する共有の識別子を指定します。識別子にスペースまたは特殊文字が含まれる場合、文字列全体を二重引用符で囲む必要があります。二重引用符で囲まれた識別子も大文字と小文字が区別されます。

ADD | REMOVE ACCOUNTS = consumer_account [ , consumer_account , ... ]

共有のアカウントのリストに追加または削除するアカウントの名前を指定します。

  • 既にリストにあった共有にアカウントを追加しても効果はありません。

  • 既に共有データベースをインポートしているアカウントを削除すると、そのアカウントのデータベースへのアクセスがすぐに取り消されます。アカウントが後で共有に再度追加された場合、データベースを再作成してからアカウントを再使用する必要があります。

  • 共有アカウントのリストにまだない共有からアカウントを削除しても効果はありません。

このパラメーターは、共有のアカウントの既存のリストに対する追加(または削除)を行います。アカウントのリスト全体を置き換える場合は、代わりに SET を使用します。

SHARE_RESTRICTIONS = TRUE | FALSE

Business Criticalデータプロバイダーに属する共有へのStandardまたはEnterpriseコンシューマーアカウントの追加を有効または無効にします。

重要

Business Criticalプロバイダーに属する共有に、Business Critical以外の新しいコンシューマーアカウントを追加するたびに、このパラメーターを設定する必要があります。詳細については、 Business CriticalアカウントからBusiness Critical以外のアカウントへの共有を有効にする をご参照ください。

SET...

ACCOUNTS = consumer_account [ , consumer_account ... ]

共有が共有されていた以前のすべてのアカウントを 置換 するアカウントを指定します。リストに対して個々のアカウントを追加/削除するには、代わりに ADD | REMOVE を使用します。

TAG tag_name = 'tag_value' [ , tag_name = 'tag_value' , ... ]

タグ の名前とタグ文字列の値を指定します。

タグ値は常に文字列であり、タグ値の最大文字数は256です。

ステートメントにあるタグの指定の詳細については、 オブジェクトおよび列のタグクォータ をご参照ください。

COMMENT = 'string'

共有のコメントを追加するか、既存のコメントを上書きします。

UNSET ...

共有の設定を解除する1つ以上のプロパティ/パラメーターを指定し、それらをデフォルトにリセットします。

  • TAG tag_name [ , tag_name ... ]

  • COMMENT

使用上の注意

  • 共有を変更するには、次のいずれかの権限が必要です。

    • 共有を作成するロールに付与される OWNERSHIP 権限。

    • CREATE SHARE 権限。デフォルトでは、 ACCOUNTADMIN のみが CREATE SHARE 権限を持っています。ACCOUNTADMIN は、他の任意のロールに権限を付与できます。共有の所有者はこの権限を付与できません。

  • キーワード ACCOUNTACCOUNTS はどちらもサポートされており、互換的に使用できます。

  • メタデータについて。

    注意

    Snowflakeサービスを使用する場合、お客様は、個人データ(ユーザーオブジェクト向け以外)、機密データ、輸出管理データ、またはその他の規制されたデータがメタデータとして入力されていないことを確認する必要があります。詳細については、 Snowflakeのメタデータフィールド をご参照ください。

sales_s という名前の既存の共有に2つのアカウントを追加します。

ALTER SHARE sales_s ADD ACCOUNTS=<orgname.accountname1>,<orgname.accountname2>;

+----------------------------------+
| status                           |
|----------------------------------|
| Statement executed successfully. |
+----------------------------------+

アカウント <orgname.accountname>;sales_s から削除します。

ALTER SHARE sales_s REMOVE ACCOUNT=<orgname.accountname>;

+----------------------------------+
| status                           |
|----------------------------------|
| Statement executed successfully. |
+----------------------------------+

sales_s に新しいコメントを設定します。

ALTER SHARE sales_s SET COMMENT='This share contains sales data for 2017';

+----------------------------------+
| status                           |
|----------------------------------|
| Statement executed successfully. |
+----------------------------------+
最上部に戻る