カテゴリ:

データベース、スキーマ、共有 DDL

CREATE SHARE

新しい、 空の 共有 を作成します。共有が作成されると、 GRANT <権限> ... TO SHARE コマンドを使用して、共有にデータベースとデータベースのオブジェクト(スキーマ、テーブル、およびビュー)を含めることができます。その後、 ALTER SHARE を使用して、1つ以上のアカウントを共有に追加できます。

こちらもご参照ください。

DROP SHAREALTER SHARESHOW SHARESDESCRIBE SHARE

構文

CREATE [ OR REPLACE ] SHARE <name>
  [ COMMENT = '<string_literal>' ]

必須パラメーター

name

共有の識別子を指定します。共有が作成されるアカウントに対して一意である必要があります。

また、識別子はアルファベット文字で始まる必要があり、識別子文字列全体が二重引用符で囲まれていない限り、スペースや特殊文字を含めることはできません(例: "My object")。二重引用符で囲まれた識別子も大文字と小文字が区別されます。

詳細については、 識別子の要件 をご参照ください。

オプションのパラメーター

COMMENT = 'string_literal'

共有のコメントを指定します。

デフォルト: 値なし

アクセス制御の要件

この SQL コマンドの実行に使用される ロール には、少なくとも次の 権限 が必要です。

権限

オブジェクト

メモ

CREATE SHARE

アカウント

Only the ACCOUNTADMIN role has this privilege by default. The privilege can be granted to additional roles as needed.

指定された権限のセットを使用してカスタムロールを作成する手順については、 カスタムロールの作成 をご参照ください。

セキュリティ保護可能なオブジェクト に対して SQL アクションを実行するためのロールと権限付与に関する一般的な情報については、 Snowflakeのアクセス制御 をご参照ください。

特にSnowflake Secure Data Sharingのアクセス制御要件の詳細については、 ACCOUNTADMIN 以外のロールによる、データ共有タスクの実行の有効化 をご参照ください。

使用上の注意

  • メタデータについて。

    注意

    Snowflakeサービスを使用する場合、お客様は、個人データ(ユーザーオブジェクト向け以外)、機密データ、輸出管理データ、またはその他の規制されたデータがメタデータとして入力されていないことを確認する必要があります。詳細については、 Snowflakeのメタデータフィールド をご参照ください。

  • CREATE OR REPLACE <オブジェクト> ステートメントはアトミックです。つまり、オブジェクトが置き換えられると、古いオブジェクトの削除と新しいオブジェクトの作成が1つのトランザクションで処理されます。

sales_s という名前の空の共有を作成します。

CREATE SHARE sales_s;

+-----------------------------------------+
| status                                  |
|-----------------------------------------|
| Share SALES_S successfully created.     |
+-----------------------------------------+

このステップの後、共有を完了するには、以下を行う必要があります。

  1. GRANT <権限> ... TO SHARE コマンドを使用して、データベース(およびデータベース内のオブジェクト)を共有に追加します。

  2. ALTER SHARE コマンドを使用して、アカウントを共有に追加します。

最上部に戻る