Snowflakeクライアントのバージョンの表示

Query History ページには、過去14日間に実行されたすべての SQL ステートメントが表示されます。ページの Client Info 列は、各行でステートメントを実行するために使用される、Snowflakeクライアントのバージョンを示します。この情報を使用して、アカウントのユーザーがアクティブに使用しているクライアントバージョンが 最小要件 を満たしているかどうかを判断します。さらに該当する場合は、ケースを Snowflakeサポート に送信するときに、クライアントのバージョンを特定します。

アカウントで最近使用されたSnowflakeクライアントのバージョンを表示するには、

  1. Snowflakeの新しいウェブインターフェイスまたは従来のウェブインターフェイスにログインします。

  2. ACCOUNTADMIN ロールに切り替えます。

    新しいウェブインターフェイス

    左上(ログイン名の横) » Switch Role » ACCOUNTADMIN のドロップダウンメニューをクリックします。

    従来のウェブインターフェイス

    右上(ログイン名の横) » Switch Role » ACCOUNTADMIN のドロップダウンメニューをクリックします。

  3. History History tab ページに移動します。

    新しいウェブインターフェイス

    Compute » Query History をクリックします。

    従来のウェブインターフェイス

    History History tab タブをクリックします。

  4. Client Info 列を表示します。列が表示されていない場合は、 Columns ボタンをクリックして追加できます。

    各 SQL ステートメントの行のクライアントバージョンに注意してください。

    従来のウェブインターフェイスには、 Client Info 列にクライアントバージョンがサポートされているかどうか、またはサポートの終了が近づいていることを示すアイコンが含まれています。アイコンにカーソルを合わせると、クライアントバージョンの現在のステータスを示すツールチップが表示されます。

    Icons that indicate whether or not the client version is supported

    Snowflakeは、サポートされているバージョンに関する情報を3か月ごとに更新します。