カテゴリ:

数値関数 (三角関数)

ATAN2

2つの引数の比の逆正接(アークタンジェント)を計算します。たとえば、x > 0の場合、式 ATAN2(y, x)ATAN(y/x) と同等です。

アークタンジェントは、次の間の角度です。

  • X軸。

  • ポイント(0、0)からポイント(X、Y)(XとYは両方とも0ではない)への光線。

こちらもご参照ください。

ATAN

構文

ATAN2( <y> , <x> )

最初のパラメーターはX座標ではなく、Y座標であることに注意してください。

引数

y

このパラメーターは、光線の終点にあたるポイントのY座標です。データ型は DOUBLE です。

x

このパラメーターは、光線の終点にあたるポイントのX座標です。データ型は DOUBLE です。

戻り値

戻り値のデータ型は DOUBLE です。

戻り値は度ではなくラジアンです。

戻り値は、間隔 [-pi, pi] の数値です。

使用上の注意

  • 引数のデータ型が DOUBLE 以外の数値データ型である場合、値は DOUBLE に変換されます。

  • 引数のデータ型が文字列の場合、可能であれば値は DOUBLE に変換されます。

  • 引数のデータ型が他のデータ型である場合、関数はエラーを返します。

  • いずれかの引数が NULL の場合、戻り値は NULL です。

SELECT ATAN2(5, 5);

--------------+
 ATAN2(5, 5)  |
--------------+
 0.7853981634 |
--------------+