カテゴリ:

数値関数 (対数)

LOG

数値式の対数を返します。

こちらもご参照ください:

自然対数(ln)

構文

LOG(<base>, <expr>)

引数

ベース

使用する「ベース」(例:ベース10算術の10)です。

これには、任意の数値データ型(INTEGER、固定小数点、または浮動小数点)を使用できます。

ベース は0より大きい必要があります。

ベース は正確ではありません1.0。

知りたい対数の値です。

これには、任意の数値データ型(INTEGER、固定小数点、または浮動小数点)を使用できます。

は0より大きい必要があります。

戻り値

1つ以上の入力式が整数型または固定小数点型であっても、常に浮動小数点数を返します。

使用上の注意

  • ベース が1または0以下の場合、エラーが返されます。

  • が0以下の場合、エラーが返されます。

SELECT x, y, log(x, y) FROM tab;

--------+--------+-------------+
   X    |   Y    |  LOG(X, Y)  |
--------+--------+-------------+
 2      | 0.5    | -1          |
 2      | 1      | 0           |
 2      | 8      | 3           |
 2      | 16     | 4           |
 10     | 10     | 1           |
 10     | 20     | 1.301029996 |
 10     | [NULL] | [NULL]      |
 [NULL] | 10     | [NULL]      |
 [NULL] | [NULL] | [NULL]      |
--------+--------+-------------+