カテゴリ:

数値関数 (四捨五入と切り捨て)

MOD

入力 式1 を、入力 式2 で割った余りを返します。

剰余 算術演算子 (例: expr1 % expr2)と同等です。

構文

MOD( <expr1> , <expr2> )

引数

式1

数値式です。

式2

数値式です。

戻り値

整数または固定小数点の10進数を返します。

使用上の注意

  • 式1式2 は両方とも数値式でなければなりません。整数である必要はありません。

次の例は、整数値と非整数値の両方で MOD() 関数を使用する方法を示しています。

SELECT MOD(3, 2) AS mod1, MOD(4.5, 1.2) AS mod2;

出力:

+------+------+
| MOD1 | MOD2 |
+------+------+
|    1 |  0.9 |
+------+------+