TABLES ビュー

この情報スキーマビューには、INFORMATION_SCHEMA スキーマ自体のビューを含む、指定された(または現在の)データベースの各テーブルおよびビューの行が表示されます。

こちらもご参照ください:

COLUMNS ビューVIEWS ビュー

列名

データ型

説明

TABLE_CATALOG

TEXT

テーブルが属するデータベース

TABLE_SCHEMA

TEXT

テーブルが属するスキーマ

TABLE_NAME

TEXT

テーブルの名前

TABLE_OWNER

TEXT

テーブルを所有するロールの名前

TABLE_TYPE

TEXT

テーブルがベーステーブル、仮テーブル、またはビューのいずれであるか。

IS_TRANSIENT

TEXT

これが一時テーブルかどうか

CLUSTERING_KEY

TEXT

テーブルのクラスタリングキー

ROW_COUNT

NUMBER

テーブル内の行数

BYTES

NUMBER

テーブルのスキャンによってアクセスされたバイト数

RETENTION_TIME

NUMBER

Time Travelの履歴データが保持される日数

SELF_REFERENCING_COLUMN_NAME

TEXT

Snowflakeには適用されません。

REFERENCE_GENERATION

TEXT

Snowflakeには適用されません。

USER_DEFINED_TYPE_CATALOG

TEXT

Snowflakeには適用されません。

USER_DEFINED_TYPE_SCHEMA

TEXT

Snowflakeには適用されません。

USER_DEFINED_TYPE_NAME

TEXT

Snowflakeには適用されません。

IS_INSERTABLE_INTO

TEXT

Snowflakeには適用されません。

IS_TYPED

TEXT

Snowflakeには適用されません。

COMMIT_ACTION

TEXT

Snowflakeには適用されません。

CREATED

TIMESTAMP_LTZ

テーブルの作成時刻

LAST_ALTERED

TIMESTAMP_LTZ

テーブルの最終変更時刻

AUTO_CLUSTERING_ON

BOOLEAN

テーブルに対して自動クラスタリングが有効になっているかどうか

COMMENT

TEXT

このテーブルに対するコメント

使用上の注意

  • ビューには、セッションの現在のロールにアクセス権が付与されているオブジェクトのみが表示されます。ビューは MANAGE GRANTS 権限を尊重しないため、MANAGE GRANTS 権限を持つユーザーが両方を実行する場合、SHOW コマンドよりも表示される情報が少なくなる場合があります。

  • テーブルの合計(バイト)をクエリしても、合計ストレージ使用量は示されません。これは、量にTime TravelとFail-safeの使用量が含まれていないためです。

  • ビューには、ドロップされたテーブルは含まれません。ドロップされたテーブルを表示するには、代わりに SHOW TABLES を使用します。

  • クエリ内のテーブルのみを表示するには、WHERE 句を使用してフィルタリングします。例:

    ...WHERE table_schema!= 'INFORMATION_SCHEMA'

mydatabase データベース内の全スキーマ内のテーブルすべてのサイズ(バイト単位)を取得します。

SELECT TABLE_SCHEMA,SUM(BYTES)
    FROM mydatabase.information_schema.tables
    GROUP BY TABLE_SCHEMA;