スキーマ:

ACCOUNT_USAGE

TABLES ビュー

このAccount Usageビューには、アカウントにある各テーブルとビューの行が表示されます。

こちらもご参照ください。

COLUMNS ビューVIEWS ビュー

列名

データ型

説明

TABLE_ID

NUMBER

Snowflakeが生成するテーブルの内部識別子。

TABLE_NAME

TEXT

テーブルの名前。

TABLE_SCHEMA_ID

NUMBER

Snowflakeが生成するテーブルのスキーマの内部識別子。

TABLE_SCHEMA

TEXT

テーブルが属するスキーマ。

TABLE_CATALOG_ID

NUMBER

Snowflakeが生成するテーブルのデータベースの内部識別子。

TABLE_CATALOG

TEXT

テーブルが属するデータベース。

TABLE_OWNER

TEXT

テーブルを所有するロールの名前。

TABLE_TYPE

TEXT

テーブル型を示します。有効な値は、 BASE TABLETEMPORARY TABLEEXTERNAL TABLEEVENT TABLEVIEWMATERIALIZED VIEW のいずれかです。

IS_TRANSIENT

TEXT

テーブルが一時的かどうか。

CLUSTERING_KEY

TEXT

テーブルのクラスタリングキーを構成する列および/または式。

ROW_COUNT

NUMBER

テーブル内の行数。

BYTES

NUMBER

テーブルのスキャンによってアクセスされたバイト数。

RETENTION_TIME

NUMBER

Time Travelの履歴データが保持される日数。

SELF_REFERENCING_COLUMN_NAME

TEXT

Snowflakeには適用されません。

REFERENCE_GENERATION

TEXT

Snowflakeには適用されません。

USER_DEFINED_TYPE_CATALOG

TEXT

Snowflakeには適用されません。

USER_DEFINED_TYPE_SCHEMA

TEXT

Snowflakeには適用されません。

USER_DEFINED_TYPE_NAME

TEXT

Snowflakeには適用されません。

IS_INSERTABLE_INTO

TEXT

Snowflakeには適用されません。

IS_TYPED

TEXT

Snowflakeには適用されません。

COMMIT_ACTION

TEXT

Snowflakeには適用されません。

CREATED

TIMESTAMP_LTZ

テーブルが作成された日時。

LAST_ALTERED

TIMESTAMP_LTZ

オブジェクトが最後に変更された日時。 使用上の注意 をご参照ください。

LAST_DDL

TIMESTAMP_LTZ

テーブルまたはビューに対して最後に実行された DDL 操作のタイムスタンプ。

サポートされているすべてのテーブル/ビュー DDL 操作は、このフィールドを更新します。

  • { CREATE | ALTER | DROP | UNDROP } TABLE

  • { CREATE | ALTER | DROP } VIEW

テーブルパラメーターの設定解除(例: COMMENT、 DATA_RETENTION_TIME など)、テーブル例の変更(ADD / MODIFY / RENAME / DROP)など、 ALTER TABLE の操作はすべてこのフィールドを更新します。

詳細については、 使用上の注意 をご参照ください。

LAST_DDL_BY

TEXT

最後に DDL 操作を実行したユーザーの現在のユーザー名。ユーザーがドロップされた場合は、 DROPPED_USER(<ID>) を表示します。

ドロップされたユーザーについては、 USERS ビュー<ID> と USER_ID 列を結合することができます。

DELETED

TIMESTAMP_LTZ

テーブルがドロップされた日時。

AUTO_CLUSTERING_ON

TEXT

テーブルの自動クラスタリングのステータス。詳細については、 テーブルの自動クラスタリングステータスの表示 をご参照ください。

COMMENT

TEXT

テーブルのコメント。

OWNER_ROLE_TYPE

TEXT

オブジェクトを所有するロールの型(ROLE または DATABASE_ROLE)。削除されたオブジェクトには所有者のロールがないため、オブジェクトを削除すると、Snowflakeは NULL を返すことに注意してください。

INSTANCE_ID

NUMBER

オブジェクトが属するインスタンスの内部/システム生成識別子。

使用上の注意

  • ビューの遅延は最大90分です。

  • ビューは MANAGE GRANTS 権限を認識せず、MANAGE GRANTS 権限を持つユーザーによって実行された SHOW コマンドと比較してより少ない情報が表示される場合があります。

  • テーブルの SUM(BYTES) をクエリしても、合計ストレージ使用量は示されません。これは、量にTime TravelとFail-safeの使用量が含まれていないためです。

  • LAST_ALTERED 列は、オブジェクトに対して以下の操作を実行したときに更新されます。

    • DDL 操作 。

    • DML 操作(テーブル用のみ)。

    • Snowflakeが実行するメタデータのバックグラウンド保守作業。

    ビューとテーブルの場合、オブジェクトの最終更新時刻には LAST_DDL 列を使用します。

  • LAST_DDL 列の値は以下のように更新されます。

    • テーブルやビューが作成されると、 LAST_DDL のタイムスタンプは CREATED のタイムスタンプと同じになります。

    • テーブルやビューがドロップされると、 LAST_DDL のタイムスタンプは DELETED のタイムスタンプと同じになります。

    • 最後の DDL データは、列が 追加 される前に発生した操作については利用できません。新しい DDL フィールドは、 DDL 操作が実行されるまで null を含みます。

    • 複製されたデータベースの場合、 LAST_DDL と LAST_DDL_BY フィールドはプライマリデータベース内のオブジェクトに対してのみ更新されます。フェールオーバー後、 LAST_DDL および LAST_DDL_BY フィールドは、新しく昇格したプライマリデータベースのテーブルおよびビューの DDL 操作用に更新されます。これらのフィールドは、セカンダリデータベース内のオブジェクトについては変更されません。

    • セカンダリデータベース内のオブジェクトで、リフレッシュ操作中に新しく作成されたオブジェクトの場合、これらのフィールドは null になります。

アカウントにある全スキーマのアクティブなテーブルすべての合計サイズ(バイト単位)を取得します。

SELECT TABLE_SCHEMA,SUM(BYTES)
    FROM snowflake.account_usage.tables
    WHERE DELETED IS NULL
    GROUP BY TABLE_SCHEMA;
Copy