ALTER ACCOUNT

アカウントを変更します。アカウントレベルで任意のタイプのパラメーター(アカウント、セッション、またはオブジェクト)を変更するために使用できます。アカウントの名前を変更したり、リソースモニターとタグをアカウントに割り当てたりするためにも使用できます。コマンドは次のユーザーのみが実行できます。

  • アカウント管理者(つまり、 ACCOUNTADMIN ロールを持つユーザー)。

    • アカウントパラメーター。他のユーザーは変更できません。

    • セッションおよびオブジェクトのパラメーター。ユーザー、セッション、および関連オブジェクトのパラメーターのデフォルトとして機能します。これらのデフォルトはいつでも上書きできます。

    • リソースモニター

    • タグ

  • NETWORK_POLICY アカウントパラメーターを設定および設定解除するセキュリティ管理者(つまり、 SECURITYADMIN ロールを持つユーザー)またはそれ以上のロール。

  • アカウントの名前を変更し、元の URL を使用してアカウントにアクセスできるかどうかを指定する組織管理者(つまり、 ORGADMIN ロールを持つユーザー)。

アカウントで作成されたすべての仮想ウェアハウスのクレジット使用状況を制御するための リソースモニター の指定にも使用できます。

アカウントレベルでのパラメーター設定の詳細については、 パラメーター管理 をご参照ください。パラメーターの詳細については、

パラメーター をご参照ください。

構文

ALTER ACCOUNT SET { [ accountParams ] [ objectParams ] [ sessionParams ] }

ALTER ACCOUNT UNSET <param_name> [ , ... ]

ALTER ACCOUNT SET RESOURCE_MONITOR = <monitor_name>

ALTER ACCOUNT SET { PASSWORD | SESSION } POLICY = '<string_literal>'

ALTER ACCOUNT UNSET { PASSWORD | SESSION } POLICY

ALTER ACCOUNT SET TAG <tag_name> = '<tag_value>' [ , <tag_name> = '<tag_value>' ... ]

ALTER ACCOUNT UNSET TAG <tag_name> [ , <tag_name> ... ]

ALTER ACCOUNT <account_name> RENAME TO <new_account_name> [ SAVE_OLD_URL = { TRUE | FALSE } ]

ALTER ACCOUNT <account_name> DROP OLD URL

条件:

accountParams ::=
    ALLOW_ID_TOKEN = TRUE | FALSE
    CLIENT_ENCRYPTION_KEY_SIZE = <integer>
    ENFORCE_SESSION_POLICY = TRUE | FALSE
    EXTERNAL_OAUTH_ADD_PRIVILEGED_ROLES_TO_BLOCKED_LIST = TRUE | FALSE
    INITIAL_REPLICATION_SIZE_LIMIT_IN_TB = <num>
    NETWORK_POLICY = <string>
    PERIODIC_DATA_REKEYING = TRUE | FALSE
    PREVENT_UNLOAD_TO_INLINE_URL = TRUE | FALSE
    PREVENT_UNLOAD_TO_INTERNAL_STAGES = TRUE | FALSE
    REQUIRE_STORAGE_INTEGRATION_FOR_STAGE_CREATION = TRUE | FALSE
    REQUIRE_STORAGE_INTEGRATION_FOR_STAGE_OPERATION = TRUE | FALSE
    SAML_IDENTITY_PROVIDER = <json_object>
    SSO_LOGIN_PAGE = TRUE | FALSE
objectParams ::=
    DATA_RETENTION_TIME_IN_DAYS = <integer>
    MAX_DATA_EXTENSION_TIME_IN_DAYS = <integer>
    DEFAULT_DDL_COLLATION = '<collation_specification>'
    MAX_CONCURRENCY_LEVEL = <num>
    NETWORK_POLICY = <string>
    PASSWORD POLICY = <string>
    PIPE_EXECUTION_PAUSED = TRUE | FALSE
    STATEMENT_QUEUED_TIMEOUT_IN_SECONDS = <num>
    STATEMENT_TIMEOUT_IN_SECONDS = <num>
sessionParams ::=
    ABORT_DETACHED_QUERY = TRUE | FALSE
    AUTOCOMMIT = TRUE | FALSE
    BINARY_INPUT_FORMAT = <string>
    BINARY_OUTPUT_FORMAT = <string>
    DATE_INPUT_FORMAT = <string>
    DATE_OUTPUT_FORMAT = <string>
    ERROR_ON_NONDETERMINISTIC_MERGE = TRUE | FALSE
    ERROR_ON_NONDETERMINISTIC_UPDATE = TRUE | FALSE
    JSON_INDENT = <num>
    LOCK_TIMEOUT = <num>
    QUERY_TAG = <string>
    ROWS_PER_RESULTSET = <num>
    SIMULATED_DATA_SHARING_CONSUMER = <string>
    STATEMENT_TIMEOUT_IN_SECONDS = <num>
    STRICT_JSON_OUTPUT = TRUE | FALSE
    TIMESTAMP_DAY_IS_ALWAYS_24H = TRUE | FALSE
    TIMESTAMP_INPUT_FORMAT = <string>
    TIMESTAMP_LTZ_OUTPUT_FORMAT = <string>
    TIMESTAMP_NTZ_OUTPUT_FORMAT = <string>
    TIMESTAMP_OUTPUT_FORMAT = <string>
    TIMESTAMP_TYPE_MAPPING = <string>
    TIMESTAMP_TZ_OUTPUT_FORMAT = <string>
    TIMEZONE = <string>
    TIME_INPUT_FORMAT = <string>
    TIME_OUTPUT_FORMAT = <string>
    TRANSACTION_DEFAULT_ISOLATION_LEVEL = <string>
    TWO_DIGIT_CENTURY_START = <num>
    UNSUPPORTED_DDL_ACTION = <string>
    USE_CACHED_RESULT = TRUE | FALSE
    WEEK_OF_YEAR_POLICY = <num>
    WEEK_START = <num>

注釈

読みやすくするために、アカウントに設定できるセッションパラメーターの完全なリストはここには含まれていません。すべてのセッションパラメーターの完全なリストとその説明、およびアカウントとオブジェクトのパラメーターついては、 パラメーター をご参照ください。

パラメーター

SET ...

アカウントに設定する1つ(または複数)のアカウント、セッション、およびオブジェクトパラメーターを指定します(空白、カンマ、または改行で区切られます)。

  • アカウントパラメーターは、他のユーザーが変更することはできません。

  • アカウントレベルで設定されたセッションおよびオブジェクトパラメーターはデフォルトとしてのみ機能し、他のユーザーが変更できます。

アカウントに設定できるパラメーターの説明については、 パラメーター をご参照ください。

UNSET ...

アカウントの設定を解除する1つ(または複数)のアカウント、セッション、およびオブジェクトのパラメーターを指定します。これにより、システムのデフォルトにリセットされます。

単一の ALTER ステートメントで複数のプロパティをリセットできます。ただし、各プロパティはカンマで区切る 必要があります。プロパティをリセットするときは、名前のみを指定します。プロパティの値を指定すると、エラーが返されます。

SET RESOURCE_MONITOR resource_monitor_name

アカウントで作成されたすべての仮想ウェアハウスを制御するために使用される、リソースモニターの名前を指定する特別なパラメーター。

重要

アカウントレベルでリソースモニターを設定しても、SnowflakeがSnowpipe、自動再クラスタリング、またはマテリアライズドビューに使用するSnowflake提供のウェアハウスには影響しません。これらのウェアハウスで消費されるクレジットは、アカウントレベルのリソースモニターのクレジットクォータにはカウントされません。

詳細については、 リソースモニターの操作 をご参照ください。

PASSWORD POLICY 'password_policy_name'

ユーザーに設定する パスワードポリシー を指定します。

SESSION POLICY session_policy_name

ユーザーに設定する セッションポリシー を指定します。

TAG tag_name = 'tag_value' [ , tag_name = 'tag_value' , ... ]

タグ の名前とタグ文字列の値を指定します。

タグ値は常に文字列であり、タグ値の最大文字数は256です。

ステートメントにあるタグの指定の詳細については、 オブジェクトおよび列のタグクォータ をご参照ください。

RENAME TO new_account_name

アカウントの名前を指定された名前に変更します。

組織の管理者は、ログイン中にアカウントの名前を変更できないため、ALTER ACCOUNT コマンドを実行する前に別のアカウントにログインする必要があります。名前を変更する必要がある単一のアカウントで組織が構成されている場合は、 Snowflakeサポート にお問い合わせください。

SAVE_OLD_URL

名前を変更する前に、Snowflakeのアクセスに使用する アカウント URL を保持する RENAME TO と、組み合わせて使用されるオプションのパラメーター。デフォルトでは、Snowflakeは元の URL を保存します。つまり、古い URL または新しいアカウント名を含む URL のいずれかでアカウントにアクセスできます。 FALSE に設定した場合、アカウントにアクセスするには新しい URL を使用する必要があります。

デフォルト

TRUE

DROP OLD URL

名前が変更されたアカウントの元の URL を削除します。古い URL がドロップされたら、新しいアカウント名を含む URL でアカウントにアクセスする必要があります。

使用上の注意

  • アカウントパラメーターは、アカウントレベルでのみ設定できます。

  • このコマンドを使用して設定されるセッションおよびオブジェクトパラメーターは、デフォルトとしてのみ機能します。

    • セッションパラメーターは、個々のユーザーおよびセッションレベルで上書きできます。

    • オブジェクトパラメータは、個々のオブジェクトレベルで上書きできます。

  • アカウントレベルでリソースモニターを設定すると、アカウントで作成されたすべての仮想ウェアハウスのクレジット使用状況が制御されますが、Snowflakeが提供するウェアハウスのクレジット使用状況には影響しません。詳細については、 リソースモニターの操作 をご参照ください。

  • メタデータについて。

    注意

    Snowflakeサービスを使用する場合、お客様は、個人データ(ユーザーオブジェクト向け以外)、機密データ、輸出管理データ、またはその他の規制されたデータがメタデータとして入力されていないことを確認する必要があります。詳細については、 Snowflakeのメタデータフィールド をご参照ください。

mypolicy という名前のネットワークポリシーをアカウントに関連付けます。

ALTER ACCOUNT SET NETWORK_POLICY = mypolicy;

アカウントからネットワークポリシーの関連付けを削除します。

ALTER ACCOUNT UNSET NETWORK_POLICY;
最上部に戻る