カテゴリ:

ユーザーとセキュリティ DDL (ユーザー)

DROP USER

指定されたユーザーをシステムから削除します。

構文

DROP USER [ IF EXISTS ] <name>

パラメーター

名前

ドロップするユーザーの識別子を指定します。識別子にスペース、特殊文字、または大文字と小文字が混在する場合、文字列全体を二重引用符で囲む必要があります。二重引用符で囲まれた識別子も大文字と小文字が区別されます。

使用上の注意

  • ドロップされたユーザーは回復できません。それらを再作成する必要があります。

    代わりにユーザーを無効にする場合は、 ALTER USER を使用して DISABLED = TRUE を設定します。

DROP USER user1;