カテゴリ:

ウェアハウスとリソースモニター DDL

SHOW RESOURCE MONITORS

アクセス権限があるアカウントすべてのリソースモニターをリストします。

こちらもご参照ください:

ALTER RESOURCE MONITORCREATE RESOURCE MONITORDROP RESOURCE MONITOR

構文

SHOW RESOURCE MONITORS [ LIKE '<pattern>' ]

パラメーター

LIKE 'pattern'

オブジェクト名でコマンド出力をフィルタリングします。フィルターは、 SQL ワイルドカード文字(% および _)をサポートする、 大文字と小文字を区別しない パターンマッチングを使用します。

例えば、次のパターンは同じ結果を返します。

... LIKE '%testing%' ...
... LIKE '%TESTING%' ...

使用上の注意

  • このコマンドは、実行中のウェアハウスを必要としません。

  • コマンドは、コマンドを実行するために使用されるロールのアクセス権によって決定された通り、指定されたオブジェクトタイプに対して 最大 10Kのレコードを返します。フィルタが適用されていても、10Kの制限を超えるレコードは返されません。

    10Kを超えるレコードが存在する結果を表示するには、 Snowflake Information Schema で対応するビュー(存在する場合)をクエリします。

  • このコマンドの出力を後処理するには、 RESULT_SCAN 関数を使用できます。この関数は、出力をクエリ可能なテーブルとして扱います。

  • コマンド出力には、次の値を持つ level 列が含まれます。

    • WAREHOUSE: リソースモニターは1つ以上のウェアハウスに割り当てられているため、割り当てられたウェアハウスのクレジット使用状況をモニターしています。

    • ACCOUNT: リソースモニターはアカウントレベルで割り当てられているため、アカウント全体のクレジット使用状況をモニターしています。

    • NULL: リソースモニターはアカウントまたはウェアハウスに割り当てられていないため、いずれのクレジットの使用状況もモニターしていません。

最上部に戻る