カテゴリ:

ウェアハウスとリソースモニター DDL

USE WAREHOUSE

セッションのアクティブ/現在のウェアハウスを指定します。セッションに対してウェアハウスを指定し、ウェアハウスを実行してからでないと、セッションでクエリやその他の DML ステートメントを実行できません。

セッションの現在のウェアハウスを表示するには、 CURRENT_WAREHOUSE コンテキスト関数を呼び出します。

こちらもご参照ください:

ALTER WAREHOUSECREATE WAREHOUSESHOW WAREHOUSES

構文

USE WAREHOUSE <name>

パラメーター

名前

セッションに使用するウェアハウスの識別子を指定します。識別子にスペースまたは特殊文字が含まれる場合、文字列全体を二重引用符で囲む必要があります。二重引用符で囲まれた識別子も大文字と小文字が区別されます。