Snowflake Edition

Snowflakeには複数のエディションが用意されており、使用が組織の特定の要件に適合するようになっています。後続の各エディションは、前のエディションを基に、エディション固有の機能や高レベルのサービスを追加して構築されます。また、組織のニーズが変化し成長するにつれて、エディションを簡単に変更できます。

注釈

組織が選択するSnowflake Editionによって、使用するクレジットとデータストレージの単位コストが決まります。単価に影響するその他の要因には、Snowflakeアカウントが置かれている 地域 や、アカウントが オンデマンド または 容量 アカウントであるかどうかがあります。

  • オンデマンド: 長期的なライセンス要件なしの使用量ベースの価格設定.

  • 容量: 事前の容量コミットメントに基づく割引価格。

価格の詳細については、 価格設定ページ (Snowflakeウェブサイト)をご参照ください。

このトピックの内容:

エディションの概要

Standard Edition

Standard Editionは、Snowflakeのすべての標準機能への完全かつ無制限のアクセスを提供する入門レベルの製品です。機能、サポートのレベル、およびコストの間のバランスが優れています。

Enterprise Edition

Enterprise Editionは、 Standard Edition のすべての機能とサービスを提供し、大規模な企業や組織のニーズに合わせて特別に設計された追加機能を備えています。

Business Critical Edition

以前Enterprise for Sensitive Data (ESD)と呼ばれていたBusiness Critical Editionにより、さらに高いレベルのデータ保護を提供し、非常に機密性の高いデータ、特に HIPAA 規制に準拠する必要がある PHI データを持つ組織のニーズをサポートします。

Enterprise Edition のすべての機能とサービスに加えて、セキュリティとデータ保護が強化されています。さらに、データベースのフェールオーバー/フェールバックにより、ビジネス継続性と災害復旧のサポートが追加されます。

注釈

HIPAA 規制の要件に従い、 PHI データをSnowflakeに保存する前に、代理店/組織とSnowflake Incの間で署名済みのビジネスアソシエイト契約(BAA)を確立する必要があります。

Virtual Private Snowflake(VPS)

Virtual Private Snowflakeは、非常に機密性の高いデータを収集、分析、共有する金融機関やその他の大企業など、最も要件が厳しい組織に最高レベルのセキュリティを提供します。

Business Critical Edition のすべての機能とサービスが含まれていますが、他のすべてのSnowflakeアカウントから分離された完全に別のSnowflake環境にあります(つまり、VPS アカウントは VPS の外部のアカウントとリソースを共有しません)。

注釈

VPS アカウントは、他のSnowflake Editionのアカウントとは異なる命名規則を使用します。このため、 VPS アカウントへのアクセスに使用されるホスト名/URLs の構造が異なります。

詳細については、 Snowflakeサポート またはSnowflakeの担当者にお問い合わせください。

機能/エディションのマトリックス

次のテーブルに、各エディションに含まれる主要な機能とサービスのリストを示します。

注釈

これは機能の部分的なリストにすぎません。より完全で詳細なリストについては、 主な機能の概要 をご参照ください。

リリース管理

機能/サービス

Standard

Enterprise

Business Critical

VPS

24時間 新しい週次リリースへの早期アクセス。これは、各リリースが実稼働環境アカウントにデプロイされる前の追加のテスト/検証に使用できます。

セキュリティとデータ保護

機能/サービス

Standard

Enterprise

Business Critical

VPS

SOC 2タイプ II 証明。

OAuth ユーザーのログイン認証情報を共有または保存せずにアカウントへのアクセスを許可します。

ユーザー IP アドレスによるサイトアクセスを制限/制御するための ネットワークポリシー

多要素認証 のサポート。

オブジェクトレベルの アクセス制御

変更および削除されたデータにアクセス/復元するための標準的な Time Travel (最大1日)。

Fail-safe による、変更/削除されたデータの災害復旧(Time Travel以後の7日間)。

Time Travel延長 (最大90日)。

テーブルまたはビューの列にマスキングポリシーを適用するための 列レベルのセキュリティ

Tri-Secret Secure による顧客管理の暗号化キー。

AWS PrivateLink または Azure Private Link を使用して、他の仮想ネットワークまたはオンプレミスのデータセンターへの安全な直接プロキシをサポートします。

PHI データのサポート(HIPAA 規制に準拠)。

PCI DSSのサポート。

専用のメタデータストアと仮想サーバーのプール(仮想ウェアハウスで使用)。

コンピューティングリソース管理

機能/サービス

Standard

Enterprise

Business Critical

VPS

仮想ウェアハウス、クエリとデータロードのワークロードを分離するための個別のコンピュートクラスタ。

仮想ウェアハウスのクレジット使用状況を監視するための リソースモニター

同時実行のニーズを満たすためにコンピューティングリソースをスケーリングするための マルチクラスター仮想ウェアハウス

SQL サポート

機能/サービス

Standard

Enterprise

Business Critical

VPS

SQL:1999 で定義されている大半の DDL および DML を含む 標準 SQL

マルチテーブル INSERT、 MERGE、マルチマージなどの 高度な DML

標準の データ型 の幅広いサポート。

半構造化データ (JSON、Avro、 ORC、Parquet、および XML)のネイティブサポート。

地理空間データ のネイティブサポート。

テーブル列の文字列/テキストデータの 照合規則

情報提供およびモデリング目的のテーブル列における 整合性の制約 (強制されない)。

複数ステートメント トランザクション

SQL および JavaScript のサポートをともなう ユーザー定義関数(UDFs)

Snowflakeを他の開発プラットフォームに拡張するための 外部関数

JavaScript ベースの ストアドプロシージャ

クラウドストレージデータレイクのデータを参照するための 外部テーブル

クラスタリングの自動メンテナンスによる、クエリのパフォーマンスを改善するための非常に大きなテーブルにある クラスタリングデータ のサポート。

自動メンテナンスによる、ポイントルックアップクエリの 検索最適化

結果の自動メンテナンスによる マテリアライズドビュー

インターフェイスとツール

機能/サービス

Standard

Enterprise

Business Critical

VPS

フル機能の ウェブベースインターフェイス とネイティブ SQLワークシート機能。

Snowsight。高度なクエリ開発、データ分析、可視化のための次世代 SQL ワークシート。

SnowSQL。クエリの構築/テスト、バルクデータのロード/アンロード、および DDL 操作の自動化のためのコマンドラインクライアント。

SnowCD。クライアント接続の問題を特定して修正するためのコマンドライン診断ツール。

PythonSparkNode.js、および Go のプログラムインターフェイス。

JDBC および ODBC のネイティブサポート。

ETL、 BI、およびその他のサードパーティベンダーとテクノロジーに接続するための広範な エコシステム

Snowflakeエコシステムのパートナーのネットワークが拡大しているため、無料のソフトウェア/サービスの試用開始向けの Snowflake Partner Connect

データのインポートおよびエクスポート

機能/サービス

Standard

Enterprise

Business Critical

VPS

区切りフラットファイル(CSV、TSV など)および半構造化データファイル(JSON、Avro、ORC、Parquet、および XML)からの 一括ロード

区切りフラットファイルおよび JSON ファイルへの 一括アンロード

継続的なマイクロバッチロードのための Snowpipe

Apache Kafkaトピックからデータをロードするための Kafka用のSnowflakeコネクタ。

データパイプライン

機能/サービス

Standard

Enterprise

Business Critical

VPS

テーブルの変更を追跡するための ストリーム

SQL ステートメントの実行をスケジュールするための タスク。多くの場合、テーブルストリームとの組み合わせ。

データ複製とフェールオーバー

機能/サービス

Standard

Enterprise

Business Critical

VPS

データベースオブジェクトと保存されたデータの同期を維持するための、Snowflakeアカウント間(組織内)における データベース複製

ビジネスの継続性と災害復旧のための、Snowflakeアカウント間における データベースのフェールオーバーおよびフェールバック

データ共有

機能/サービス

Standard

Enterprise

Business Critical

VPS

データプロバイダーとして、他のアカウントと データを安全に共有 します。

データコンシューマーとして、データプロバイダーがアカウントと共有する データをクエリ します。

地域およびクラウドプラットフォーム全体 にわたり(データ複製を介して)、安全にデータを共有

Snowflake Data Marketplace は、プロバイダーとコンシューマーが安全にデータを共有するために出会う場所。

Data Exchange は、管理者、プロバイダー、およびコンシューマーのプライベートハブであり、データに関する安全なコラボレーションに招待できます。

顧客サポート

機能/サービス

Standard

Enterprise

Business Critical

VPS

Snowflake Community Lodge、Snowflakeのオンラインコミュニティ、ナレッジベース、サポートポータル(Snowflakeサポートチケットの記録と追跡用)。

Premierサポート。これには、重大度1の問題に対する24時間365日の対応範囲と1時間の応答ウィンドウが含まれます。

[1]

[1] 2020年5月1日以降にプロビジョニングされたStandardアカウントのみに適用。5月1日より前にプロビジョニングされたStandardアカウントは、アカウントがPremierサポートに移行されるまで、Standardサポート(「サポートポリシーおよびサービスレベル契約」で定義のとおり)を引き続き受けることができます。