組織の紹介

組織 は、ビジネスエンティティが所有するアカウントをリンクする、ファーストクラスのSnowflakeオブジェクトです。組織は、アカウントの管理と請求、データベース複製とフェールオーバー/フェールバック、Snowflake Secure Data Sharing、およびその他のアカウント管理タスクを簡素化します。

この機能により、組織の管理者は、さまざまな地域やクラウドプラットフォームですべてのアカウントを表示、作成、および管理できます。

このトピックの内容:

利点

ORGADMINロール

組織管理者(ORGADMIN)システムロールは、組織レベルでの運用の管理を担当します。

ORGADMINロールを持つユーザーは、次のアクションを実行できます。

注釈

アカウントが作成されると、ORGADMINはアカウントのプロパティを表示できますが、アカウントデータにアクセスすることはできません。

ORGADMIN ロールの操作については、 アカウントのORGADMINロールの有効化 をご参照ください。

組織DDL

Snowflakeは、組織内でのアカウントの作成や一覧表示など、組織の管理を支援するために、次の特別な DDL コマンドのセットを提供しています。

組織の機能とビュー

Snowflakeは、 SNOWFLAKE という名前の共有データベースの ORGANIZATION_USAGE スキーマにあるビューを介して、組織内のすべてのアカウントに対する履歴使用状況データを提供します。詳細については、 組織の使用状況 をご参照ください。

組織内のアカウントのデータベース複製を有効にするために、Snowflakeは次の SQL 関数を提供します。

最上部に戻る