Data Exchangeへのアクセス

管理目的でData Exchangeにログインする場合(例:交換への参加、交換の構成、データリストの構成)、メンバーには ACCOUNTADMIN ロールが必要です。

Data Exchangeにコンシューマーとしてログインする場合、

  • すべてのロールは、データリストを閲覧できます。

  • ACCOUNTADMIN ロールを持つすべてのロールは、データをリクエストして取得できます。

  • IMPORT SHARECREATE DATABASE 権限を持つすべてのロールは、データをリクエストして取得できます。

Data Exchangeは新しいSnowflakeウェブインターフェイスを活用します。Snowflakeアカウントにログインした後、 Preview App ボタンをクリックして新しいタブを開きます。Snowflakeのユーザー認証情報を使用して、もう一度ログインする必要があります。これは、以降のログインのために記憶されます。

注釈

AWS PrivateLink またはAzure Private Linkのお客様で、新しいSnowflakeウェブインターフェイスを介してSnowflake Data Marketplaceにアクセスする場合は、Snowflakeのドキュメントで説明されているように、まず CNAME レコードを作成する必要があります。

このトピックの内容:

交換管理者としてのData Exchangeへのログイン

Data ExchangeがSnowflakeによってプロビジョニングされると、上記のように新しいユーザーインターフェイスにログインします。

新しい UI に入ると、 Admin セクションでメンバーを追加または削除できるようになります。

メンバーとしてのData Exchangeへのログイン

注釈

Data Exchangeにアクセスするには、Data Exchange管理者がアカウントを交換に追加する必要があります。

Data Exchangeのメンバーになり、上記のように新しいユーザーインターフェイスにログインすると、Data Exchangeでデータを探索できるようになります。

データプロバイダーの場合は、交換でデータを管理することもできます。