Fail-safeの理解と表示

Time Travelとは別にFail-safeは、システム障害やハードウェア障害やセキュリティ違反など、その他の災害が発生した場合に履歴データを保護します。

このトピックの内容:

Fail-safeとは

Fail-safe in Continuous Data Protection lifecycle

Fail-safeが提供する、Snowflakeによって履歴データを回復できる可能性のある期間(構成不可能)は7日間です。この期間は、Time Travel保持期間が終了した直後に開始されます。ただし、長時間実行されるTime Travelクエリは、クエリが完了するまで、アカウント内のデータとオブジェクト(テーブル、スキーマ、およびデータベース)をFail-safeに移動するのを遅らせることに注意してください。

注意

Fail-safeは、ベストエフォート方式で提供されるデータ回復サービスであり、他のすべての回復オプションが試行された後で使用することを目的としています。

Fail-safeは、Time Travel保持期間が終了した後に履歴データにアクセスする手段としては提供されて いません 。これは、Snowflake のみ によって使用され、極端な操作障害により失われた、または破損した可能性のあるデータを回復します。

Fail-safeによるデータ復旧は、完了するまでに数時間から数日かかる場合があります。

アカウントのFail-safeストレージの表示

ウェブインターフェイスでは、アカウント管理者はFail-safeの履歴データを含むアカウントの合計データストレージを表示できます。このページには、Fail-safeストレージのみを表示するためのフィルターもあります。

Data storage view with Fail-safe filter applied