ホスト名の許可

すべてのSnowflakeクライアント(SnowSQL、JDBC ドライバー、ODBC ドライバーなど)では、さまざまなランタイム操作を実行するために、クラウドストレージ(Amazon S3、Google Cloud Storage、またはMicrosoft Azure)、およびその他のウェブベースのホストへの永続的なアクセスが必要です。特にセキュア/プライベートネットワーク(例: AWS PrivateLink対応ネットワーク)でアクセスを保証するには、必要なホストのホスト名を許可する必要があります。

許可する必要のあるホスト名は、クラウドプラットフォーム(AWS、Google Cloud Platform、またはAzure)およびSnowflakeアカウントがある地域によって異なります。

一般アカウント用に SYSTEM$WHITELIST 関数、または Snowflakeサービスへのプライベート接続 を使用するアカウント用に SYSTEM$WHITELIST_PRIVATELINK を使用して、Snowflakeアカウントのホスト名を取得します。

SnowCD を使用して、提供されたエンドポイントが許可されていることを確認します。