データリストの管理

承認されたデータプロバイダーになると、Snowflake Data Marketplaceへのデータリストの追加を開始できます。

Snowflake Data Marketplaceに送信された各データリストは、Snowflakeのレビューと承認プロセスを通過する必要があります。

データプロバイダーはデータリストを作成し、承認のために送信します。Snowflake Data Marketplaceに複数のリストがある場合、各リストは個別に承認プロセスを通過する必要があります。

リストが承認されると、Snowflake Data Marketplaceで公開できます。リストが拒否された場合は、フィードバックコメントを確認し、リストを更新して、承認のために再送信します。

承認済みのリストを編集する場合は、承認のために再送信する必要があります。例外は リージョン可視性 セクションで、追加の承認なしにいつでも編集できます。

データリストがスムーズに送信され、拒否がトリガーされないようにするために、リストのメタデータが要件を満たしていることを確認してください。

このトピックの内容:

新しいデータリストの作成

リストの作成に関する考慮事項

注釈

これらの考慮事項は、リモート地域でのリストの作成にも適用されます。

  • データは異なるアカウント間で共有されるため、データコンシューマーは二重引用符で囲まれた識別子を使用せずに、共有データオブジェクトを使用できるはずです( 識別子の要件 を参照)。そのため、テーブル、列、共有名のオブジェクト識別子は、 大文字 で、 英数字 のみを使用する必要があります。

  • 共有データベース内の機密データがコンシューマーアカウントのユーザーに公開されないようにするには、 セキュアオブジェクトを使用したデータアクセスの制御 をご参照ください。

  • 現在コンシューマーアカウントと共有されている共有(つまり、直接共有を介して)は、リストに追加できます。コンシューマーは、共有からデータベースを作成する前に、Snowflake Data Marketplaceウェブインターフェイスのリスト条件に同意する必要があります。

  • 共有所有者のみが、共有をリストに添付できます。データ共有の権限の詳細については、 他のロールに権限を付与 をご参照ください。

  • 共有は1つのリストのみに添付できます。共有が既にリストに添付されている場合は、そのリストが削除されていても、別のリストに添付することはできません。

  • 新規または変更された標準リストを承認または公開する前に、すべてのサンプルクエリが自動検証され、参照されるオブジェクトが共有に追加され、クエリを正常に実行できるようになります。

  • データは、法的に共有可能である必要があります(つまり、プロバイダーはデータを所有するか、データを共有する権利を持っている必要がある)。

    注釈

    データリストまたはデータセット内のデータに対する法律上または契約上の義務が適用される限り、そうしたデータを共有する法律上および契約上の権利があることを確認する必要があります。たとえば、保護された医療情報(PHI)は、パーソナライズされたデータ共有を介してのみ共有できます。そのためには、(1)ユーザーとSnowflake、およびユーザーと PHI を受け取るコンシューマーとの間に署名済みのビジネスアソシエイト契約(BAA)があること、(2)コンシューマーはSnowflakeとの BAA に署名していることを確認する必要があります。また、標準データ共有またはパーソナライズされたデータ共有の両方を介して個人データを共有できますが、公開されていないデータを共有する場合は、該当する法律上および契約上の権利が必要です。

リモートリージョンでのリストの作成とデータの複製に関する考慮事項

  • リストを公開すると、選択したすべてのリージョンでコンシューマーにリストが表示されます。

  • リストは自動的に複製されますが、データは複製されません。

  • 標準のリストの場合は、リストを公開する前に、選択した各リージョンにデータを複製する必要があります。

  • パーソナライズされたリストの場合は、コンシューマーのリクエストに応じてデータを複製できます。

  • 複製を設定するための時間を割り当て、関連するコストを理解してください。

  • リージョンでデータを共有するには、データを複製するためにそのリージョンのアカウントが必要です。アカウントが複数ある場合は、すべてのアカウントが同じ組織に属している必要があります。

  • リモート地域でリストを公開する場合、組織内のすべてのアカウントがリストのリクエストを実行できるようにするか、個々のアカウントをプロバイダーとして明示的に追加することができます。リストの所有者のみが、リストのリクエストを実行できるユーザーを指定できます。

  • リージョン間でのデータ共有には、Snowflakeデータ複製関数を利用します。詳細については、 地域とクラウドプラットフォーム間で安全にデータを共有する をご参照ください。

  • コンシューマーがリクエストするまで、データを各地域に複製する必要はありません。

  • 標準のリストの場合は、共有をリモート地域のリストに事前に関連付けるオプションがあります。これにより、コンシューマーはリクエストを送信せずに即座に共有を取得できます。

  • リモート地域のリストに添付された共有のリストを表示するには、リストに共有を添付したリモートアカウントからのログインが必要です。

データリストの作成と公開

標準またはパーソナライズされたデータリストを作成するには、

  1. 新しいSnowflakeウェブインターフェイスで、 Data » Manage に移動します。

  2. My Listings タブをクリックします。

  3. 新しいリスト ボタンをクリックします。

  4. New Listing ダイアログボックスで、コンシューマーに表示されるリストのタイトルを入力し、リスト型を選択します。リスト型の詳細については、 データリストの種類 をご参照ください。

  5. 新しいリストの各セクションを完了します。ドラフトはいつでも保存して、後で完成させることができます。各セクションと関連フィールドの説明については、 データリストフィールド をご参照ください。

    標準のリストの場合、 Data セクションを編集するときに、共有をリストに関連付けるには、

    注釈

    リストが公開されるまで、ローカル/プライマリアカウントの共有のみに関連付けることができます。リストが公開された後、選択した追加のリージョンの共有に関連付けることができます。

    1. Select Data をクリックします。

    2. 安全な共有が存在する場合は、共有に移動して選択します。共有が存在しない場合は、目的のデータベースに移動して、共有に追加するデータベースオブジェクトを選択します。

      注釈

      共有が表示されない場合は、既に別のリストに添付されているか、以前にコンシューマーと共有されています。

    3. Done をクリックします。

    4. (オプション)安全な共有のデフォルト名を変更できます。

    5. Save をクリックします。

  6. すべてのセクションを完了すると、 Submit for Approval ボタンがアクティブになり、承認のためにリストを送信できます。

    次の場合、 Submit for Approval ボタンはアクティブになりません。

    • 提供されているいずれかのサンプル SQL クエリが検証に失敗する。詳細については、 データリストフィールド をご参照ください。

    • 共有所有者ではありません。

  7. リストがSnowflakeによってレビューされると、状態は Approved または Denied に変わります。リストが拒否された場合は、コメントで提供されたフィードバックに基づいてリストを更新し、承認のために再送信します。

    Snowflake Data Marketplaceプロバイダーは、リストが承認または拒否されたときに通知されます。メール通知は、リストに関連付けられたプロバイダープロファイルの Business ContactTechnical Contact の両方のメールアドレスに送信されます。

    詳細については、 プロバイダープロファイルフィールド をご参照ください。

  8. リストが承認されたら、 Publish をクリックして、選択したリージョンにリストを公開します。承認されたリストは、自動的には公開されません。

データリストフィールド

次のテーブルは、Snowflake Data Marketplaceでデータリストを作成および構成するために必要なパラメーターを示しています。

セクション

フィールド名

説明

基本情報

リスト型

データリストの種類 をご参照ください。

利用可能な値: 標準、パーソナライズ済み

プロファイル

共有を所有するプロバイダープロファイルの名前。リストを公開する前に、プロバイダープロファイルを作成する必要があります。

タイトル

データリストのタイトル。タイトルは110文字以下にする必要があります。

郵便番号別の過去の天気。

サブタイトル

データリストのサブタイトル。サブタイトルは110文字以下にする必要があります。タイトルとサブタイトルは重複させられません。

場所別の過去の気象データ。

データ更新頻度

データが更新される頻度。

利用可能な値: ほぼリアルタイム、日次、週次、月次、四半期、年次、なし(静的データ)。

カテゴリ

データリストは、簡単に探索できるように分類されています。

サービス利用規約

プロバイダーのウェブサイトでホストされているプロバイダーのサービス利用規約へのリンク。コンシューマーは、データにアクセスする前に条件に同意します。サービス利用規約は、標準のリストでは必須であり、パーソナライズされたリストではオプションです。

https://www.acme.com/en/legal

詳細

説明

共有データセットの説明。説明には次のものを含める必要があります。 . (a)データのスケール . (b)テーブル/ビューの説明 . (c)データセットがサンプルかどうか . (d)データディクショナリの場所。

ACME は、大企業向けに、カスタマイズされた正確な気象警報を提供する最大手サプライヤーであり、世界中の気象予報、データ、気象コンサルティングサービスの重要な情報源です。このデータは、既存のデータをさらに強化してより深い分析を提供するために使用できる、 US の郵便番号に基づく過去の気象データです。

ドキュメントへのリンク

より詳細なドキュメントが記載されたプロバイダーのウェブサイトページへのリンク。ドキュメントは明確で、Snowflake共有に存在する適切なスキーマオブジェクトを参照する必要があります。標準的なドキュメントだけでは不十分です。

https://developer.acme.com

データ

データベースオブジェクトまたは安全な共有

共有するデータ。このセクションは、標準のデータリストのみで使用できます。

ビジネスニーズ

ビジネスニーズ

データリストは、簡単に見つけられるよう、ビジネスニーズごとにグループ化されています。 . - 最大6つのビジネスニーズをリストのために選択できます。ドロップダウンリストに関連するビジネスニーズが表示されない場合は、カスタムニーズを作成できます。 . - 消費者は、ドロップダウンリストで利用可能なビジネスニーズに基づいてリストを簡単に見つけることができます。ただし、追加するカスタムビジネスニーズは含まれず、リストの詳細にのみ表示されます。 . 管理者の承認を得るためにリストを再送信しなくても、いつでもビジネスニーズのリストを編集できます。

説明

データまたはデータサービスがビジネスニーズに対応する方法の説明。

サンプル SQL クエリ

タイトル

コンシューマーがデータを理解するのに役立つクエリの説明的なタイトル。複数の例を追加できます。

説明(オプション)

スキーマの名前、サンプルテーブル、フィールド、ユースケースなど、追加の手順を含む例の説明。

SQL クエリ

共有の作成に使用するデータベースに対してサンプルクエリをテストします。Snowflakeはクエリを自動検証して、参照されているすべてのオブジェクトが共有に追加され、クエリが正常に実行されるようにします。検証が失敗した場合、理由を含むエラーメッセージが表示されます。失敗した各クエリの横に感嘆符が表示されます。

利用可能なリージョン

利用可能なすべてのリージョン または 特定のリージョン

リストが表示されるリージョン。これらのリージョンにデータを複製する必要があります。利用可能なリージョンのリストは、管理者の承認のためにリストを再提出することなく、いつでも編集できます。以前に利用可能であったリージョンを削除すると、そのリージョンのコンシューマーはリストを表示できなくなります。

パーソナライズされたリストのリクエストの表示

パーソナライズされたリストのリクエストを表示するには、

  1. 新しいウェブインターフェイスの左側のメニューで、 Data » Manage に移動します。

  2. Inbound Requests タブをクリックします。フィルタリングドロップダウンリストを使用して、ステータス別にリクエストを表示します。

リモートリージョンからのコンシューマーリクエストの承認

  • パーソナライズされた リストの場合、データはリモートリージョンで自動的に利用できません。プロバイダーは、これらの各リージョンにデータを複製する責任があります。

  • 標準 リストの場合:

    • 共有をリモートリージョンのリストに事前に関連付けるオプションがあります。これにより、コンシューマーはリクエストを送信せずに即座に共有を取得できます。地域の最初のコンシューマーからリクエストを受け取った後、データを複製してリストに共有を添付することもできます。リストが共有に添付されると、その地域のすべてのコンシューマーは共有に即座にアクセスできます。

  • 選択したプロバイダーアカウントまたは組織内の任意のアカウントのどちらでリストを実行できるかを指定できます。

コンシューマーが送信したデータリストのリクエストを承認するには、

注釈

コンシューマーが別のリージョンにいる場合は、共有をアタッチする前に、各リモートリージョンのアカウントへのデータの複製を設定する必要があります。詳細については、 地域とクラウドプラットフォーム間で安全にデータを共有する をご参照ください。

  1. 新しいSnowflakeウェブインターフェイスで、 Data » Manage に移動します。

  2. Inbound Requests タブをクリックします。

  3. リスト名の横にある Review をクリックします。

  4. Associate Secure Share セクションで、共有を作成するアカウントを選択します。

  5. 共有および共有データベースオブジェクトを所有する(またはデータベースオブジェクトを共有に追加できるようにするために必要な権限を持っている)ロールを選択します。

  6. Select Data をクリックします。

  7. 安全な共有が存在する場合は、共有に移動して選択します。共有が存在しない場合は、目的のデータベースに移動して、共有に追加するデータベースオブジェクトを選択します。

    注釈

    共有が表示されない場合は、既に別のリストに添付されているか、以前にコンシューマーと共有されています。

  8. Done をクリックします。

  9. (オプション)安全な共有のデフォルト名を変更できます。

  10. Fullfill Request をクリックします。

    ちなみに

    リモートリージョンのリクエストを実行するときにエラーが発生する場合は、次の点を考慮してください。

    • リモートアカウントがプロバイダーとしてMarketplaceに追加されているか。

    • リモートアカウントは、リストを公開したアカウントと同じ組織の一部か。

    • ACCOUNTADMIN のロールを使用して新しい共有を作成したか。

    • 添付しようとしている共有に他のコンシューマーを追加したか。

実行済みリストのリクエストの表示

新しいSnowflakeユーザーインターフェイスを使用して標準またはパーソナライズされたリストのリクエストを実行するプロバイダーは、従来のユーザーインターフェイスの » History タブで、共有に追加されたコンシューマーの記録(ALTER SHARE ステートメント)を表示できます。 Include client-generated statements チェックボックスを選択する必要があります。詳細については、 履歴ページを使用してクエリを監視 をご参照ください。

これらのレコードは QUERY_HISTORY ビュー でも利用できます。

既存のデータリストの管理

公開されたデータリストの編集

公開されたデータリストを編集する場合は、

  • データリストを編集するたびに、新しいドラフトが作成されます。コンシューマーが変更を利用できるようになる前に、リストを承認のために送信し、再公開する必要があります。

  • 利用可能なリージョンの編集に承認は必要ありません。いつでも変更できます。

  • 以前に利用可能であったリージョンを削除すると、そのリージョンのコンシューマーは共有データセットにアクセスできなくなります。

  • リストが承認されたら、それを公開してコンシューマーが利用できるようにする必要があります。

  • リストの新しいバージョンを公開すると、以前に公開されたリストが上書きされます。

データリストを編集するには、

  1. ACCOUNTADMIN としてMarketplaceの新しいウェブインターフェイスにログインします。

  2. 左側のナビゲーションバーで、 Data » Manage » My Listings をクリックします。

  3. 更新するリストの名前をクリックします。

  4. リストを利用できるリージョンを追加または削除する場合は、 Region Availability セクションの Edit をクリックします。管理者の承認は必要ないため、残りのステップはスキップできます。

  5. リストタイトルの横にある New Draft をクリックします。

  6. 更新するセクションの Edit をクリックします。

  7. Submit for Approval をクリックします。

データリストの非公開

データリストを非公開にしても、共有から削除しない限り、既存のコンシューマーはデータ共有にアクセスできます。新しいコンシューマーはそれを見ることができません。

データリストを非公開にするには、

  1. 新しいウェブインターフェイスを使用して、アカウント管理者としてData Marketplaceにログインします。

  2. 左側のメニューで、 Data » Manage をクリックします。

  3. 非公開にするリストの名前をクリックします。

  4. 右上の Live ドロップダウンリストから Unpublish を選択します。

データリストの再公開

データリストが再公開される場合、リストが変更されていない限り、承認は必要ありません。

データリストを再公開するには、

  1. 新しいウェブインターフェイスを使用して、アカウント管理者としてData Marketplaceにログインします。

  2. 左側のメニューで、 Data » Manage をクリックします。

  3. 再公開するリストの名前をクリックします。

  4. 右上のドロップダウンリストから Re-publish を選択します。

データ共有の更新

Snowflakeの従来のウェブインターフェイスを使用して、データ共有を更新できます。データリストを変更するたびに、プロセスを中断しないようにコンシューマーに通知する必要があることに注意してください。重大な変更の例は次のとおりです。

  • 列の追加と削除。

  • オブジェクトの名前の変更。

  • オブジェクトの削除。