組織内のアカウントの管理

すべての組織タスクは、Snowflakeウェブインターフェイスから、または組織のDDLコマンドを使用して実行できます。

このトピックの内容:

アカウントの作成

アカウントは、ORGADMINによってウェブインターフェイスを介して、またはSQLを使用して作成できます。

ウェブインターフェイス

Organization » Accounts » Create New Account をクリックします。

SQL

CREATE ACCOUNT コマンドを実行します。

デフォルトでは、組織内のアカウントの最大数は25を超えることはできません。この制限を引き上げるには、 Snowflakeサポート にご連絡ください。

アカウントを作成する際に、 クラウドプラットフォーム地域、および Snowflake Edition を指定できます。

注釈

アカウントを作成できるのは、組織で有効になっている地域のみです。使用可能な地域のリストについては、 組織で利用可能な地域のリストを表示する (このトピック)をご参照ください。追加の地域へのアクセスをリクエストするには、 Snowflakeサポート にご連絡ください。

組織内の各アカウントは、独自のユーザー、ロール、データベース、およびウェアハウスのセットを持つことができます。

すべてのアカウントでの使用に対して、1つの請求書で請求されます。組織アカウントの使用状況をモニターするには、 組織の使用状況 ビューを参照してください。

組織アカウントのリストの表示

ORGADMINロールを持つユーザーは、ウェブインターフェイスまたはSQLを使用して、組織で作成されたすべてのアカウントのリストを表示できます。

ウェブインターフェイス

Organization » Accounts をクリックします。

SQL

SHOW ORGANIZATION ACCOUNTS コマンドを実行します。

アカウント名の変更

プレビュー期間中に、組織内のアカウントの名前を変更するには、 Snowflakeサポート に連絡し、アカウントの一意の識別子を提供してください。これは次のいずれかになります。

アカウントの削除

現在、アカウントを削除するには、 Snowflakeサポート に連絡し、アカウントの一意の識別子を指定してください。これは次のいずれかになります。

プレビュー期間中、削除されたアカウントが組織で許可されている作成済みアカウントの数から差し引かれるまで、最大で数日かかる場合があります。

組織で利用可能な地域のリストを表示する

ORGADMINロールを持つユーザーは、ウェブインターフェイスまたはSQLを使用して、組織で使用可能な地域のリストを表示できます。

ウェブインターフェイス

Organization » Accounts » Create New Account » Choose Your Region をクリックします。

SQL

SHOW REGIONS コマンドを実行します。

レプリケーション用のアカウントの有効化

ORGADMINロールを持つユーザーは、ORGADMINアカウントから ENABLE_ACCOUNT_DATABASE_REPLICATION パラメーターを true に設定することで、アカウントのレプリケーションを有効にできます。

例1: 単一アカウントのレプリケーションの有効化

-- Assume the ORGADMIN role
use role orgadmin;

-- View the list of the accounts
show organization accounts;

-- Enable replication for an account
select system$global_account_set_parameter('<account1_name>',
'ENABLE_ACCOUNT_DATABASE_REPLICATION', 'true');

例2: 複数のアカウントのレプリケーションの有効化

-- Assume the ORGADMIN role
use role orgadmin;

-- View the list of the accounts
show organization accounts;

-- Enable replication for the first account
select system$global_account_set_parameter('<account1_name>',
'ENABLE_ACCOUNT_DATABASE_REPLICATION', 'true');

-- Enable replication for the second account
select system$global_account_set_parameter('<account2_name>',
'ENABLE_ACCOUNT_DATABASE_REPLICATION', 'true');