アカウントのドロップ

組織管理者(つまり、 ORGADMIN ロールを持つユーザー)は、システムからアカウントを削除するためにアカウントをドロップできます。ドロップされたアカウントは即座に削除されるのではなく、管理者がアカウントを復元(「ドロップ解除」)できる猶予期間が設けられます。猶予期間が終了すると、Snowflakeはシステムからドロップされたアカウントをパージします。

組織管理者は、アカウントにログインしている間はそのアカウントをドロップできないため、 DROP ACCOUNT コマンドを実行する前に別の ORGADMIN アカウントにログインする必要があります。つまり、組織管理者は組織の最後のアカウントをドロップすることはできません。組織にある唯一のアカウントを削除する必要がある場合は、 Snowflakeサポート にお問い合わせください。

ちなみに

Snowflakeでは、アカウントを当初ドロップしてもそのアカウントは永久に削除されないため、ドロップしたばかりのアカウントと同じ名前ですぐに新しいアカウントを作成することはできません。回避策としては、 アカウントの名前を変更 してから削除します。

猶予期間について

アカウントを削除する場合、組織管理者はアカウントを復元できる猶予期間を定義し、猶予期間中も組織はアカウントのストレージのコストを負担することに留意します。一度ドロップされたアカウントは、猶予期間中のアクティビティを防ぐためにロックされます。

最低猶予期間は3日間で、最大猶予期間は90日間です。当日は含まれません。たとえば、組織管理者が月曜日の午前11時にアカウントをドロップするときに猶予期間を3日間と定義した場合、猶予期間は木曜日の午前11時に終了します。

ドロップしたアカウントの猶予期間を変更する場合は、 アカウントを復元 してから、新しい猶予期間で再度ドロップします。

猶予期間は、 Time Travel のデータ保持期間とは異なります。

リスト、リーダーアカウント、共有を提供するアカウントのドロップ

特定のコンシューマーに共有されているアクティブなリストや、 Snowflake Marketplace で公開されているリストがあるアカウントをドロップすることはできません。アカウントをドロップする前に、次を実行する必要があります。

  1. アカウントにより提供されたリストを削除します。リタイアメントポリシーの対象となるリストは、アカウントをドロップする前にリタイアメントフローを完了する必要があります。 プロバイダーとしてリストを削除 をご覧ください。

  2. リストに関連する共有をドロップします。

そのアカウントがコンシューマーに共有やリーダーアカウントを提供している場合、プロバイダーアカウントの組織管理者は、それらのコンシューマーに連絡して、ドロップされるアカウントによって提供されている共有やリーダーアカウントへのアクセスを失うことを知らせる必要があります。

アカウントがドロップされると同時に、共有データとデータ製品に次のようなことが起こります。

  • 共有が機能しなくなります。コンシューマーはアカウントによって共有されているデータへのアクセスを失います。

  • リーダーアカウントがドロップされ、プロバイダーアカウントと同時に削除されます。

アカウントのドロップ

組織管理者は、 Snowsight, the Snowflake web interface または SQL を使用してアカウントをドロップできます。

Snowsight
  1. Admin » Accounts を選択します。

  2. アクティブなアカウントを見つけて、 ... » Drop Account を選択します。

  3. アカウントを復元できる 猶予期間 を入力します。

  4. Drop Account を選択します。

SQL

DROP ACCOUNT コマンドを実行します。

たとえば、アカウント my_account をドロップし、アカウント復元のために14日間の猶予期間を許可するには、次のように入力します。

DROP ACCOUNT my_account GRACE_PERIOD_IN_DAYS = 14;
Copy

注釈

リーダーアカウントをドロップする場合は、 DROP MANAGED ACCOUNT コマンドを実行します。

ドロップされたアカウントの表示

組織管理者は、複数のオプションを使用してまだ猶予期間内にあるドロップされたアカウントを表示できます。一部のオプションでは、システムから永久に削除済みの、ドロップされたアカウントも表示されます。

Snowsight

Snowsight を使用すると、永久に削除されたアカウントも含めて、ドロップされたすべてのアカウントを表示できます。

  1. Admin » Accounts を選択します。

  2. Dropped Accounts タブを選択します。

まだ猶予期間内であるドロップされたアカウントは黄色のインジケータで表示され、将来の日付の Drop Date が表示されます。

永久に削除されたアカウントは、 Drop Date が現在の日付以前となります。

SQL

オプションの SHOW ORGANIZATION ACCOUNTS コマンドに HISTORY キーワードを付けて実行すると、まだ猶予期間内にあるドロップされたアカウントが表示されます。永久に削除されたアカウントは出力に含まれません。

組織管理者が次のコマンドを実行する場合:

SHOW ORGANIZATION ACCOUNTS HISTORY;
Copy

出力には、ドロップされたアカウントと追加の dropped_onscheduled_deletion_time、そして restored_on 列が含まれます。

ACCOUNTS ビュー

ORGANIZATION_USAGE スキーマ にアクセスできるユーザーは、 ACCOUNTS ビュー をクエリして、永久に削除されたアカウントを含む、ドロップされたすべてのアカウントを確認できます。

アカウントの復元

組織管理者は、ドロップされたアカウントを猶予期間内に復元(「ドロップ解除」)できます。そうすることでパージされません。ドロップ解除されたアカウントはロックが解除され、ユーザーはアカウントがドロップされる以前と同様にアカウントにアクセスできるようになります。

組織管理者は、 Snowsight または SQL を使用してアカウントをドロップ解除できます。

Snowsight
  1. Admin » Accounts を選択します。

  2. Dropped Accounts タブを選択します。

  3. アカウントを見つけて、 ... » Undrop Account を選択します。

  4. Undrop Account を選択します。

SQL

UNDROP ACCOUNT コマンドを実行してアカウントを復元します。たとえば、次のコマンドは、まだ猶予期間内にあったドロップされたアカウント myaccount123 を復元します。

UNDROP ACCOUNT myaccount123;
Copy