Snowflakeクライアント、コネクタ、ドライバー、およびライブラリのダウンロード

Snowflakeクライアント、コネクタ、ドライバ、またはライブラリのインストールパッケージをダウンロードするには、 Snowflakeデベロッパーセンターのダウンロードページ を使用します。

クライアントをダウンロードするスクリプトをHTTP 経由で作成(例: curl を使用)する場合は、 SnowSQL、 ODBC ドライバー、Snowparkライブラリ、および SnowCD を直接 Snowflakeクライアントリポリトジ からダウンロードできます。

このトピックの内容:

Snowflakeデベロッパーセンターのダウンロードページ

Snowflakeクライアントをダウンロードするには、 Snowflakeデベロッパーセンター の次のダウンロードページを使用します。

クライアント/コネクタ/ドライバー/ライブラリ

ダウンロードページ

SnowSQL (CLI クライアント)

SnowSQL ダウンロード

ODBC ドライバー

ODBC ダウンロード

Snowpark

Snowparkクライアントのダウンロード

その他のコネクタおよびドライバー

ドライバーおよびライブラリ

Snowflakeクライアントリポリトジ

SnowSQL、 ODBC ドライバー、Snowparkライブラリ、または HTTP 経由の SnowCD をプログラムで(例: curl を使用して)ダウンロードするには、Snowflake Client Repositoryを使用します。Snowflake Client Repositoryは、次のエンドポイントを使用し、 CDN (コンテンツ配信ネットワーク)を介してこれらのクライアントに対するパッケージを提供します。

エンドポイントが明示的に指定されていない場合、クライアントアップグレード機能(例: SnowSQL 自動アップグレード機能)は AWS エンドポイントを使用します。エンドポイントを指定する手順については、クライアントのインストールドキュメントをご参照ください。

注釈

ユーザーは、どのクラウドプロバイダーがSnowflakeアカウントをホストしているかに関係なく、どちらのエンドポイントからもSnowflakeクライアントをダウンロードできます。

最上部に戻る