SnowSQL (CLI クライアント)

SnowSQL は、Snowflakeに接続して SQL クエリを実行し、データベーステーブルへのデータのロードとデータベーステーブルからのデータのアンロードを含むすべての DDL および DML 操作を実行するための次世代コマンドラインクライアントです。

SnowSQL (snowsql 実行可能ファイル)は、 stdin または -f オプションを使用して、インタラクティブシェルとして、またはバッチモードで実行できます。

SnowSQL は、 Python用Snowflakeコネクタ を使用して開発されたアプリケーションの例です。ただし、コネクターは SnowSQL をインストールするための前提条件では ありません。SnowSQL のインストールに必要なすべてのソフトウェアは、インストーラーにバンドル化されています。

Snowflakeは、次のプラットフォームのダウンロード用にプラットフォーム固有バージョンの SnowSQL を提供します。

オペレーティングシステム

サポートされているバージョン

Linux

CentOS 7、8

Red Hat Enterprise Linux(RHEL)7、8

Ubuntu 16.04、18.04

macOS

10.13、10.14、10.15

Microsoft Windows

Microsoft Windows 8、8.1、10

Windows Server 2012、2016、2019

注釈

サポートされるバージョン番号は、主にオペレーティングシステムベンダーの進化するサポートポリシーに基づいて、時間とともに変化します。

次のトピック: