テーブルストリームを使用した変更追跡

ストリームオブジェクトは、挿入、更新、削除などのテーブルに加えられたデータ操作言語(DML)の変更、および各変更に関するメタデータを記録し、変更されたデータを使用してアクションを実行できるようにします。このプロセスは、変更データキャプチャ(CDC)と呼ばれます。個々のテーブルストリームは、 ソーステーブル の行に加えられた変更を追跡します。テーブルストリーム(単に「ストリーム」とも呼ばれます)は、テーブル内の2つのトランザクションポイント間で行レベルで変更された内容の「変更テーブル」を利用可能にします。これにより、トランザクション形式で一連の変更記録をクエリおよび使用できます。

ストリームを作成して、次のオブジェクトの変更データをクエリできます。

次のトピック:

最上部に戻る