カテゴリ:

コンテキスト関数 (セッション)

CURRENT_USER

現在システムにログインしているユーザーの名前を返します。

構文

CURRENT_USER()

CURRENT_USER

使用上の注意

  • ANSI 標準に準拠するために、この関数は括弧なしで呼び出すことができます。

  • この関数を含んだ セキュア UDF または セキュアビュー から共有へのアクセス付与は許可されています。セキュア UDF またはセキュアビューにデータ共有のコンシューマーアカウントからアクセスすると、この関数は常に NULL 値を返します。

  • 共有テーブルまたはビューに割り当てられている マスキングポリシー または 行アクセスポリシー でこの関数が使用されている場合、Snowflakeは NULL 値を返します。

これは、 CURRENT_USER 関数を呼び出す方法を示しています。

SELECT CURRENT_USER();

出力:

+----------------+
| CURRENT_USER() |
|----------------|
| TSMITH         |
+----------------+
最上部に戻る