カテゴリ:

地理空間関数

ST_ASWKT , ST_ASTEXT

GEOGRAPHY 型の値を指定すると、その値のテキスト(VARCHAR)表現を WKT (周知のテキスト)形式で返します。

こちらもご参照ください。

ST_ASEWKT

構文

次のいずれかを使用します。

ST_ASWKT( <geography_expression> )

ST_ASTEXT( <geography_expression> )

引数

地理式

引数は GEOGRAPHY 型の式でなければなりません。

戻り値

VARCHAR。

使用上の注意

  • ST_ASTEXT は、 ST_ASWKT のエイリアスです。

  • 出力を EWKT 形式で返すには、代わりに ST_ASEWKT を使用します。

次の例は、 ST_ASWKT 関数を示しています。

create table geospatial_table (g GEOGRAPHY);
insert into geospatial_table values
    ('POINT(-122.35 37.55)'), ('LINESTRING(-124.20 42.00, -120.01 41.99)');
select st_astext(g)
    from geospatial_table;
+-------------------------------------+
| ST_ASTEXT(G)                        |
|-------------------------------------|
| POINT(-122.35 37.55)                |
| LINESTRING(-124.2 42,-120.01 41.99) |
+-------------------------------------+
select st_aswkt(g)
    from geospatial_table;
+-------------------------------------+
| ST_ASWKT(G)                         |
|-------------------------------------|
| POINT(-122.35 37.55)                |
| LINESTRING(-124.2 42,-120.01 41.99) |
+-------------------------------------+