カテゴリ:

アカウントとセッション DDL

CREATE CONNECTION

アカウントに新しい接続を作成します。詳細については、 クライアント接続のリダイレクト をご参照ください。

こちらもご参照ください。

ALTER CONNECTIONDROP CONNECTIONSHOW CONNECTIONS

このトピックの内容:

構文

プライマリ接続

CREATE CONNECTION [ IF NOT EXISTS ] <name>
  [ COMMENT = '<string_literal>' ]

セカンダリ接続

CREATE CONNECTION [ IF NOT EXISTS ] <name>
  AS REPLICA OF <organization_name>.<account_name>.<name>
  [ COMMENT = '<string_literal>' ]

必須パラメーター

name

接続の識別子(つまり、名前)を指定する文字列。識別子は英文字で始まる必要があり、文字、10進数(0~9)、およびアンダースコア(_)のみを含めることができます。

各プライマリ接続名は、組織内にある接続名とアカウント名全体において一意である必要があります。

各セカンダリ接続の名前は、そのプライマリ接続の名前と一致する必要があります。

セカンダリ接続パラメーター

AS REPLICA OF organization_name.account_name.name

レプリカ(つまり、セカンダリ接続)を作成するプライマリ接続の識別子を指定します。

organization_name

組織の識別子を指定します。

account_name

アカウントの識別子を指定します。

name

プライマリ接続のアカウントの識別子を指定します。

オプションのパラメーター

COMMENT = 'string_literal'

接続のコメントを指定します。

デフォルト: 値なし

アクセス制御の要件

アカウント管理者(ACCOUNTADMIN ロールを持つユーザー)のみが、この SQL コマンドを実行できます。

使用上の注意

組織 myorg でアカウント myaccount1 の接続を作成します。

CREATE CONNECTION IF NOT EXISTS myconnection;

プライマリ接続のレプリカとしてセカンダリ接続を作成します。 SHOW CONNECTIONS の出力にある primary 列には、プライマリ接続が表示されます。

CREATE CONNECTION myconnection AS REPLICA OF myorg.myaccount1.myconnection;
最上部に戻る