カテゴリ:

DDLデータのロード/アンロード

DESCRIBE PIPE

パイプに指定されたプロパティ、およびプロパティのデフォルト値について説明します。

DESCRIBE は DESCに短縮できます。

こちらもご参照ください。

DROP PIPEALTER PIPECREATE PIPESHOW PIPES

構文

DESC[RIBE] PIPE <name>

パラメーター

name

記述するパイプの識別子を指定します。識別子にスペースまたは特殊文字が含まれる場合、文字列全体を二重引用符で囲む必要があります。二重引用符で囲まれた識別子も大文字と小文字が区別されます。

使用上の注意

  • パイプ所有者(つまり、パイプの OWNERSHIP 権限を持つロール)、パイプの MONITOR または OPERATE 権限を持つロール、 または グローバル MONITOR EXECUTION権限を持つロールの結果のみを返します。

  • パイプの現在のステータスを確認するには、 SYSTEM$PIPE_STATUS 関数をクエリします。

  • このコマンドの出力を後処理するには、 RESULT_SCAN 関数を使用できます。この関数は、出力をクエリ可能なテーブルとして扱います。

出力

コマンド出力では、次の列にパイプのプロパティとメタデータが提供されます。

| created_on | name | database_name | schema_name | definition | owner | notification_channel | comment | integration | pattern | error_integration |

説明

created_on

パイプが作成された日時。

name

パイプの名前。

database_name

パイプが格納されているデータベース。

schema_name

パイプが格納されているスキーマ。

definition

COPY キューファイルからSnowflakeテーブルにデータをロードするために使用されるステートメント。

owner

パイプを所有する(つまり、パイプに対する OWNERSHIP 権限を持つ)ロールの名前。

notification_channel

DEFINITION 列で指定されたステージのAmazon SQS キューのAmazonリソース名。

comment

このパイプのコメント。

integration

通知イベントに依存してGoogle Cloud StorageまたはMicrosoft Azureクラウドストレージからのデータロードをトリガーするパイプの通知統合の名前。

pattern

PATTERN コピーオプションが指定されている場合は、パイプ定義の COPY INTO <テーブル> ステートメントのコピーオプション値。

error_integration

通知をトリガーするためにAmazon S3クラウドストレージのエラーイベントに依存するパイプの通知統合名。

CREATE PIPE の例で作成された mypipe パイプについて説明します。

desc pipe mypipe;

+-------------------------------+--------+---------------+-------------+---------------------------------+----------+---------+
| created_on                    | name   | database_name | schema_name | definition                      | owner    | comment |
|-------------------------------+--------+---------------+-------------+---------------------------------+----------+---------|
| 2017-08-15 06:11:05.703 -0700 | MYPIPE | MYDATABASE    | PUBLIC      | copy into mytable from @mystage | SYSADMIN |         |
+-------------------------------+--------+---------------+-------------+---------------------------------+----------+---------+
最上部に戻る