カテゴリ:

アカウントとセッション DDL

SHOW CONNECTIONS

アクセス権限を持っている接続をリストします。

出力は、接続名の順に並べられた接続メタデータとプロパティを返します(出力列の説明については、このトピック内の 出力 を参照)。これは、提供されたフィルターを使用して結果をフィルターする場合に注意することが重要です。

こちらもご参照ください。

CREATE CONNECTIONDROP CONNECTION

構文

SHOW CONNECTIONS [ LIKE '<pattern>' ]

パラメーター

LIKE 'パターン'

オブジェクト名でコマンド出力をフィルタリングします。フィルターは、 SQL ワイルドカード文字(% および _)をサポートする、 大文字と小文字を区別しない パターンマッチングを使用します。

たとえば、次のパターンは同じ結果を返します。

... LIKE '%testing%' ...
... LIKE '%TESTING%' ...

使用上の注意

  • このコマンドは、実行中のウェアハウスを必要としません。

  • このコマンドの出力を後処理するには、 RESULT_SCAN 関数を使用できます。この関数は、出力をクエリ可能なテーブルとして扱います。

  • アカウント管理者(ACCOUNTADMIN ロールを持つユーザー)のみが、この SQL コマンドを実行できます。

出力

コマンド出力では、次の列に接続のプロパティとメタデータが提供されます。

| snowflake_region | created_on | account_name | name | comment | is_primary | primary | failover_allowed_to_acounts | connection_url | organization_name | account_locator

複数の リージョングループ にまたがる組織のコマンド出力には、追加の region_group 列が含まれています。

| region_group | snowflake_region | created_on | account_name | name | comment | is_primary | primary | failover_allowed_to_acounts | connection_url | organization_name | account_locator

説明

region_group

アカウントが配置されているリージョングループ。 :この列は、複数のリージョングループにまたがる組織に対してのみ表示されます。

snowflake_region

アカウントが配置されているSnowflake地域。Snowflake地域は、他のSnowflake地域から分離されたクラウドプラットフォーム地域内の別個の場所です。Snowflake地域は、マルチテナントまたはシングルテナント(Virtual Private Snowflakeアカウントの場合)にすることができます。

created_on

接続が作成された日時。

account_name

アカウントの名前。組織管理者(つまり、 ORGADMIN ロールを持つユーザー)はアカウント名を変更できます。

name

接続の名前。

comment

接続のコメント。

is_primary

接続がプライマリ接続であるかどうかを示します。

primary

プライマリ接続の組織名、アカウント名、および接続名。この値は、セカンダリ接続を作成するときに CREATE CONNECTION コマンドの AS REPLICA OF 句にコピーできます。

failover_allowed_to_accounts

プライマリ接続がリダイレクトできるアカウントのリスト。

connection_url

Snowflakeへの接続を確立するためにユーザーがクライアントに渡す接続 URL。

organization_name

Snowflake組織の名前。

account_locator

リージョン内のアカウントロケーター。

接続に指定できるプロパティの詳細については、 CREATE CONNECTION をご参照ください。

名前が test で始まるすべての接続を表示します。

SHOW CONNECTIONS LIKE 'test%';