カテゴリ:

アカウントとセッション DDL

SHOW REPLICATION DATABASES

組織内のすべてのプライマリデータベースとセカンダリデータベース(つまり、レプリケーションが有効になっているすべてのデータベース)をリストし、各アカウントが存在する 地域 を示します。

こちらもご参照ください。

SHOW REPLICATION ACCOUNTS

構文

SHOW REPLICATION DATABASES [ LIKE '<pattern>' ]
                           [ WITH PRIMARY <account_identifier>.<primary_db_name> ]

パラメーター

LIKE 'パターン'

オブジェクト名でコマンド出力をフィルタリングします。フィルターは、 SQL ワイルドカード文字(% および _)をサポートする、 大文字と小文字を区別しない パターンマッチングを使用します。

たとえば、次のパターンは同じ結果を返します。

... LIKE '%testing%' ...
... LIKE '%TESTING%' ...
WITH PRIMARY {account_identifier}.{primary_db_name}

コマンドのスコープを指定します。コマンドのスコープは、コマンドが指定されたプライマリデータベースの記録のみを一覧表示するかどうかを決定します。 アカウント識別子 は、 組織名.アカウント名 または Snowflakeリージョン.アカウントロケーター の形式にすることができます。詳細については 複製およびフェールオーバーのアカウント識別子 をご参照ください。

使用上の注意

  • ACCOUNTADMIN ロールの結果のみを返します。

  • このコマンドの実行には、稼働中のウェアハウスを必要としません。

  • コマンドは、コマンドを実行するために使用されるロールのアクセス権によって決定された通り、指定されたオブジェクトタイプに対して 最大 10Kのレコードを返します。フィルタが適用されていても、10Kの制限を超えるレコードは返されません。

    10Kを超えるレコードが存在する結果を表示するには、 情報スキーマ で対応するビュー(存在する場合)をクエリします。

  • このコマンドの出力を後処理するには、 RESULT_SCAN 関数を使用できます。この関数は、出力をクエリ可能なテーブルとして扱います。

出力

コマンド出力では、次の列にプライマリおよびセカンダリデータベースプロパティとメタデータが提供されます。

| snowflake_region | created_on | account_name | name | comment | is_primary | primary | replication_allowed_to_accounts | failover_allowed_to_accounts | organization_name | account_locator |

複数の リージョングループ にまたがる組織のコマンド出力には、追加の region_group 列が含まれています。

| region_group | snowflake_region | created_on | account_name | name | comment | is_primary | primary | replication_allowed_to_accounts | failover_allowed_to_accounts | organization_name | account_locator |

説明

region_group

アカウントが配置されているリージョングループ。 :この列は、複数のリージョングループにまたがる組織に対してのみ表示されます。

snowflake_region

データベースを保存するアカウントがあるSnowflake地域。Snowflake地域は、他のSnowflake地域から分離されたクラウドプラットフォーム地域内の別個の場所です。Snowflake地域は、マルチテナントまたはシングルテナント(Virtual Private Snowflakeアカウントの場合)にすることができます。

created_on

データベースが作成された日時。

account_name

データベースが保存されているアカウントの名前。

name

データベースの名前。

comment

データベースのコメント。

is_primary

データベースがプライマリデータベースであるかどうか。それ以外の場合は、セカンダリデータベース。

primary

地域、アカウント、データベース名を含むプライマリデータベースの完全修飾名。

replication_allowed_to_accounts

IS_PRIMARY が TRUE の場合、このプライマリデータベースでレプリケーションが有効になっているアカウントの完全修飾名が表示されます。これらの各アカウントにセカンダリデータベースを作成できます。

failover_allowed_to_accounts

IS_PRIMARY が TRUE の場合、このプライマリデータベースに対してフェールオーバーが有効になっているアカウントの完全修飾名を示します。ビジネスの継続性と災害復旧のために、これらの各アカウントにセカンダリデータベースを作成できます。

organization_name

Snowflake組織の名前。

account_locator

リージョン内のアカウントロケーター。

名前が mydb で始まるすべての複製データベースを表示します。

SHOW REPLICATION DATABASES LIKE 'mydb%';

myorg.account1.mydb1 組織、アカウント、およびプライマリデータベースのそれぞれのセカンダリデータベースすべてを表示します。

SHOW REPLICATION DATABASES WITH PRIMARY myorg.account1.mydb1;