カテゴリ:

ユーザーとセキュリティ DDL (ユーザー)

SHOW USERS

システム内のすべてのユーザーをリストします。

こちらもご参照ください。

CREATE USERALTER USERDROP USERDESCRIBE USER

構文

SHOW [ TERSE ] USERS
[ LIKE '<pattern>' ]
[ STARTS WITH '<name_string>' ]
[ LIMIT <rows> ]
[ FROM '<name_string>' ]

パラメーター

TERSE

オプションで、出力列のサブセットのみを返します。

| name | created_on | display_name | first_name | last_name | email | org_identity | comment | has_password | has_rsa_public_key |

デフォルト: 値なし(出力にすべての列を含む)。

LIKE 'パターン'

オブジェクト名でコマンド出力をフィルタリングします。フィルターは、 SQL ワイルドカード文字(% および _)をサポートする、 大文字と小文字を区別しない パターンマッチングを使用します。

たとえば、次のパターンは同じ結果を返します。

  • ... LIKE '%testing%' ...

  • ... LIKE '%TESTING%' ...

STARTS WITH '名前文字列'

オプションで、オブジェクト名の先頭に表示される文字に基づいてコマンド出力をフィルタリングします。文字列は一重引用符で囲む必要があり、 大文字と小文字を区別します。

たとえば、次の句は異なる結果を返します。

  • ... STARTS WITH 'B' ...

  • ... STARTS WITH 'b' ...

デフォルト: 値なし(フィルタリングは出力に非適用)。

LIMIT [ FROM '名前文字列' ]

オプションで、返される行の最大数を制限すると同時に、結果の「ページネーション」を有効にします。返される実際の行数は、指定された制限より少ない場合があります(例:既存のオブジェクトの数が指定された制限より少ない)。

オプションの FROM 'name_string' サブ句は、結果の「カーソル」として効果的に機能します。これにより、指定された文字列と一致するオブジェクト名を持つ最初の行に続く指定された行数を取得できます。

文字列は一重引用符で囲む必要があり、 大文字と小文字を区別します。

文字列に完全なオブジェクト名を含める必要はありません。部分的な名前がサポートされています。

デフォルト: 値なし(出力に制限は非適用)。

使用上の注意

  • このコマンドは、 MANAGE GRANTS グローバル権限を持つロールを持つユーザーのみが実行できます。この権限は通常、 ACCOUNTADMIN および SECURITYADMIN ロールにのみ付与されます。

  • アカウントに10,000名を超えるユーザーがいる場合は、次のいずれかのオプションを使用できます。

    • SHOW USERS;

    • SHOW USERS LIMIT 10000 FROM 'JOE';

      10,000の後にユーザーを返します。この例では、 JOE はコマンドの最終行のユーザー名です。

  • このコマンドは、稼働中のウェアハウスを必要としません。

  • このコマンドの出力を後処理するには、 RESULT_SCAN 関数を使用できます。この関数は、出力をクエリ可能なテーブルとして扱います。

最上部に戻る