管理者とメンバーシップ

このトピックの内容:

Data Exchange管理者

Data ExchangeをホストするSnowflakeアカウントが、Data Exchange管理者です。Data Exchange管理者は、Data Exchangeの構成とメンバー(データプロバイダーとデータコンシューマー)の管理を担当します。

Data Exchange管理者として指定されたアカウントで ACCOUNTADMIN のロールを持つユーザーは、次のことができます。

  • Data Exchangeを設定(現時点では、このタスクはSnowflakeによって実行)

  • メンバーを管理(追加または削除)

  • メンバーをプロバイダー、コンシューマー、またはその両方として指定

  • データ交換のルールを定義(近日提供予定)

Data Exchange Admin can delegate these privileges to other roles. For more information, see 他のロールへの管理者権限の付与.

Data Exchangeメンバーシップ

メンバーとは、Data Exchange管理者によって追加され、プロバイダー、コンシューマー、またはその両方として指定されたSnowflakeアカウントです。

Data Exchangeに参加した後、

プロバイダーは次のことができます。

  • リストを作成。

  • リストへのアクセスを定義(パーソナライズ標準)。

  • リストを公開(現時点では、Data Exchange管理者の承認なしにリストの公開可)。

  • コンシューマーとは異なる地域にあるパーソナライズされたリストまたはデータセットへのアクセスを許可。

コンシューマーは次のことができます。

  • 交換リストの閲覧による探索。

  • Snowflake MarketplaceとData Exchangeを切り替えます。

  • データセットの利用(即時またはリクエストにより)。