Data Exchangeの構成と使用

このトピックでは、Data Exchangeの使用に関連するすべての管理タスクとユーザータスクを実行する手順について説明します。

注釈

管理目的でData Exchangeにログインする場合(例:交換への参加、交換の構成、データリストの構成)、メンバーには ACCOUNTADMIN ロールが必要です。

このトピックの内容:

Data Exchange管理者

Exchange管理者としてData Exchangeにログインした後、Data Exchangeを構成できます。

Data Exchangeの設定

注釈

現在、Data Exchangeの作成は、Snowflakeによって実行されています。Data Exchangeを作成する場合は、Snowflake担当者またはSnowflakeサポートにお問い合わせください。

Data Exchangeの設定には以下が含まれます。

  1. Data Exchangeへの名前の入力

  2. Data Exchangeへの説明の入力

メンバーの招待とロールの割り当て

Data Exchangeの設定後、メンバーを招待し、それらをデータプロバイダー、データコンシューマー、またはその両方として指定できます。Snowflakeアカウント名またはアカウント URL を使用してメンバーを招待します。

新しいメンバーを招待してロールを割り当てるには、

  1. 左側のメニューで Preview App をクリックします。

  2. Members タブをクリックします。

  3. Add Member ボタンをクリックします。

  4. 新しいメンバーの有効なアカウント URL を入力します。

  5. メンバーに割り当てるロールを選択します。

データプロバイダー

これらのトピックでは、Data Exchangでデータプロバイダーになる方法とデータリストを管理する方法について説明します。

データコンシューマー

Data Exchangeにアクセスしてリストを参照する方法

すべてのユーザーはData Exchangeでリストを閲覧できますが、データを取得またはリクエストできるのは、 ACCOUNTADMIN のロールまたは IMPORT SHARE 権限を持つユーザーのみです。

十分な権限がない場合は、次のいずれかを実行できます。

  • ACCOUNTADMIN にリクエストして、共有のインポート権限を付与する。

  • ACCOUNTADMIN にデータの取得をリクエストし、共有から作成されたデータベースで IMPORTED PRIVILEGES を付与する。詳細については、 共有データベースでの権限の付与 をご参照ください。

データコンシューマーとしてData Exchangeにアクセスするには、

  1. Snowflakeの従来のウェブインターフェイスにログインします。

  2. トップメニューの Preview App をクリックします。Data Exchangeが、新しいタブに展開されます。Snowflakeの認証情報を使用してサインインします。

データリストの閲覧

Data Exchangeにログインした後、 Listings タブをクリックして、利用可能なリストを表示します。

ビューには2つのタイプがあります。

  • 標準リスト の場合は、 Get ボタンをクリックして、Snowflakeアカウント内の共有データからデータベースを作成します。

  • パーソナライズされたリスト の場合は、 Request ボタンをクリックしてデータへのアクセスをリクエストします。電子メール通知がリクエストとともにデータプロバイダーに送信されます。

Viewing Listing Requests and Accessing the Shared Data

すべてのリクエストは Requests タブで確認できます。

リクエストが承認された場合は、

  1. Data Exchangeにログインします。

  2. リストの横にある Get Data アイコンをクリックします。

  3. 共有からアカウントに作成されるデータベースの名前を入力します。

  4. 共有から作成されたデータベースにアクセスできるロールを選択します。

  5. Accept Snowflake's consumer terms and the provider's terms of use. You only need to accept the listing terms when you create a database from a share for the first time.

    注釈

    To accept the listing terms, consumers must visit the new Snowflake user interface and click the Get button for a listing. Accepting terms using SQL is currently not supported.

  6. Create Database アイコンをクリックします。

共有からデータベースを作成すると、 Get Data ボタンが View Database ボタンに置き換わります。ボタンをクリックして、Snowflakeの過去のウェブインターフェイスでデータベースを表示します。