Data Exchange

Data Exchangeは、招待したメンバーの選択したグループ間で、データを安全にコラボレーションするための独自のデータハブです。これにより、プロバイダーはデータを 公開 できるようになり、コンシューマーはデータを 探索 できるようになります。

詳細については、 Secure Data Sharingのための製品の概要 をご参照ください。

注釈

この機能は現在プレビュー中です。Data Exchangeがプレビュー中であっても、Data Exchangeに公開されたデータは、一般公開されている機能であるSecure Data Sharingを通じてアクセスできるため、実稼働環境で使用できます。

Data Exchangeは新しいSnowflakeウェブインターフェイスを活用します。Snowflakeアカウントにログインしたら、 Preview App ボタンをクリックして新しいタブを開きます。Snowflakeのユーザー認証情報を使用して、もう一度ログインします。

注釈

AWS PrivateLink またはAzure Private Linkのお客様で、新しいSnowflakeウェブインターフェイスを介してData Exchangeにアクセスする場合は、Snowflakeのドキュメントに記載されているように、まず CNAME レコードを作成する必要があります。

次のトピック: