データライフサイクルの概要

Snowflakeは、データの整理と保存からデータのクエリと操作、システムからのデータの削除に至るまで、システム内のデータのライフサイクル全体にわたるすべての標準 SELECT、 DDL、および DML 操作をサポートします。

このトピックの内容:

ライフサイクルダイアグラム

Snowflakeのすべてのユーザーデータは、標準の SQL インターフェイスを介してクエリおよび変更できるテーブルとして論理的に表されます。各テーブルは、データベースに属するスキーマに属します。

Snowflake Data Lifecycle

データの整理

データをデータベース、スキーマ、およびテーブルに整理できます。Snowflakeは、データベース内で作成できるデータベースの数や作成できるスキーマの数を制限しません。Snowflakeは、スキーマで作成できるテーブルの数も制限しません。

詳細については、次をご参照ください:

データの保存

データをテーブルに直接挿入できます。さらに、Snowflakeは、フォーマットされた外部のファイルからSnowflakeテーブルにデータをロードするための DML を提供します。

詳細については、次をご参照ください:

DML コマンド (一般)

DML コマンド (データのロード)

データのクエリ

データがテーブルに格納されると、 SELECT ステートメントをパブリッシュしてデータをクエリできます。

詳細については、次をご参照ください:

データの操作

データがテーブルに保存されると、そのデータに対してすべての標準 DML 操作を実行できます。さらに、Snowflakeは、データベース、スキーマ、およびテーブル全体のクローン作成などの DDL アクションをサポートしています。

詳細については、次をご参照ください:

データの削除

DML コマンド DELETE を使用したテーブルからのデータ削除に加えて、テーブル全体を切り詰めたりドロップしたりできます。スキーマとデータベース全体のドロップもできます。

詳細については、次をご参照ください: