Google Cloud Storageからの一括ロード

既にGoogle Cloud Storageアカウントをお持ちで、データファイルの保存と管理にCloud Storageバケットを使用している場合、Snowflakeへの一括ロードに既存のバケットとフォルダーパスを使用できます。

注釈

Snowflakeは、Regional StorageおよびMulti-Regional Storageアカウントのみをサポートしています。

この一連のトピックでは、 COPY INTO <テーブル> コマンドを使用してCloud Storageバケットからテーブルにデータをロードする方法について説明します。

次の図に示すように、Cloud Storageバケットからのデータのロードは2つのステップで実行されます。

ステップ1

Snowflakeは、データファイルが既にCloud Storageバケットにステージされていることを前提としています。まだステージされていない場合は、Googleが提供するアップロードインターフェイス/ユーティリティを使用してファイルをステージします。

ステップ2

COPY INTO <テーブル> コマンドを使用して、ステージングされたファイルの内容をSnowflakeデータベーステーブルにロードします。バケットからは直接ロードできますが、Snowflakeでは、バケットを参照する外部ステージを作成し、代わりに外部ステージを使用することをお勧めします。

使用する方法に関係なく、このステップでは、実行中の現在の仮想ウェアハウスがセッションのために必要です。ウェアハウスは、テーブルに行を実際に挿入するコンピューティングリソースを提供します。

Data loading overview

ちなみに

この一連のトピックの手順では、 データロードの準備 を読み終えて、必要がある場合は、名前付きファイル形式が作成済みであることを前提としています。

始める前に、ベストプラクティス、ヒント、およびその他のガイダンスについて データロードに関する考慮事項 を読むこともできます。

次のトピック: