Snowsight クイックツアー

Snowsightにサインイン すると、仮想ウェアハウス、データベース、すべてのデータベースオブジェクトを含むすべてのSnowflakeオブジェクトを作成および管理できます。インターフェイスを使用して、限られた量のデータをテーブルにロードし、アドホッククエリを実行し、他の DML/DDL 操作を実行し、さらに過去のクエリを表示することもできます。また、ユーザー情報を管理して、Snowflakeのユーザーパスワードを変更したり、メールアドレスなどの他の設定を指定したりすることもできます。

さらに、必要な管理者のロールがある場合は、 Snowsight でユーザーの作成や管理などの管理タスクを実行できます。

Snowsightの注目すべき機能には次のようなものがあります。

  • ワークシートの整理: 数十または数百のワークシートがありますか。それらをフォルダーにグループ化して、整理できるようになりました。さらに、ワークシートをクリックすると、左側のペインがワークシートリストになるため、ワークシート間をさらにすばやく移動できます。

  • コードの生産性: Snowsightは、どこでもデータアナリストや開発者が気に入っている機能の1つであるオートコンプリートを提供します。SQL 関数だけでなく、データベースオブジェクトもカバーしています。

  • 可視化: 多くの場合、可視化はデータへの洞察を得る最良の方法です。クエリ結果が完了すると、コンテキスト統計が結果の右側に表示され、列型の値の分布、合計、またはカウントが表示されるため、データの形状をすばやく直感的に把握できます。チャートの結果をオンにして、さまざまな結果のディメンションをグラフとして表示することもできます。最後に、 SQL クエリのセットまたは結果のチャートからダッシュボードを作成し、簡単かつ視覚的に継続してモニターできます。

  • コラボレーション: Snowsightの優れた点の1つは、チーム全体の専門知識を活用できることです。Snowflakeアカウント全体で、ワークシート、ダッシュボード、またはフォルダーすべてをユーザーと共有できます。ユーザーは、結果を表示したり、フィードバックを提供したり、直接編集をコミットしたりして、プロジェクトの進行を支援することができます。

  • 使用状況データ: 特定のユーザー、ウェアハウス、クエリ、およびその他の有用なディメンションによる実際の使用状況をこれまで以上に簡単に表示できます。使用状況ビューは、表形式またはチャート形式でデータを提供し、すべての使用タイプの総消費量などを1つのページで表示します。

  • アクティビティ履歴: Snowsightでは、クエリ履歴をより直感的に閲覧できるだけでなく、ワンクリックで過去のクエリをワークシートに出し入れすることができます。最近ロードされたデータを簡単にスキャンするために、データのロード履歴はコピー履歴ビューで表示できます。

  • ロールおよびユーザー: ロールと付与の新しい「ツリー」ビューにより、権限の認識がはるかに簡単になります。ロールまたはユーザーをすばやく検索および変更できるため、以前よりも管理が簡単になります。

Snowsight UI の使用を開始する方法の詳細については、 Snowsightブログ記事 をご参照ください。

これら、そしてその他の実行できる管理タスクの詳細については、 Snowsight: Snowflakeウェブインターフェイス をご参照ください。

このトピックの内容:

メインインターフェイス

Snowsight インターフェイスは、次の3つのセクションで構成されています。

  • ユーザーメニュー(1)- このメニューを使用して、ロールの切り替え、プロファイルの変更、ドキュメントへのアクセス、またはログアウトを実行します。

  • Snowsight ナビゲーションメニュー(2)- このメニューを使用して、ワークシート、ダッシュボード、データなど、さまざまなSnowsight領域の1つを選択します。選択した機能にサブ要素が含まれている場合は、関連するメニュー項目の下に表示されます。たとえば、データベースを選択するには、データ » データベースを選択します。

  • コンテンツペイン(3)- Snowsight メニュー項目を選択すると、関連するコンテンツがコンテンツペインに表示されます。 一部の要素には追加の子要素があることに注意してください。

Snowsight main interface page with sections hightlighted

ワークシートページ

Worksheets は、 SQL クエリ(DML と DDL)を記述し、結果を確認して操作する簡単な方法を提供します。このページで実行できるタスクは次のとおりです。

  • ワークシートでアドホッククエリやその他の DDL/DML 操作を実行する。

  • 複数のワークシートをそれぞれの個別のセッションで確認する。

  • 結果が利用可能な間に、選択したステートメントの結果をエクスポートする。

Worksheet page in the Snowsight interface

詳細については、 ワークシートの使用 をご参照ください。

ダッシュボードページ

Dashboard ページを使用すると、ダッシュボードを作成、変更、および確認することができます。ダッシュボードは、タイルとして配置されたチャートの柔軟なコレクションです。ダッシュボードのグラフはすべて SQL で始まり、結果と関連するグラフを生成します。これらのグラフは、他のユーザーと共有したり、変更したり、ダッシュボードタイルとして表示したりできます。

Dashboard page in the Snowsight interface

ワークシートおよびダッシュボードのコンテキスト内にあるチャートの詳細については、 ワークシートデータの視覚化 をご参照ください。

データページ

Snowsight の Data ページでは、次のようなSnowflakeデータを操作できます。

  • データベースと関連オブジェクトをナビゲートするための強力なツールである データベースオブジェクトエクスプローラー を使用して、テーブル、関数、ビューなどを含むデータベースとオブジェクトを探索します。さらに、検索を使用して、アカウント全体のデータベースオブジェクトを検索および参照できます。

  • 他のアカウントと データを共有 し、自身と共有されているデータにアクセスします。

  • Provider Studio を使用して、Snowflakeデータプロバイダーとしてのエクスペリエンスを管理します。

Data page(s) in the Snowsight web interface

詳細については、 Snowsight: データの管理 をご参照ください。

Snowflake Marketplace

Snowflake Marketplace ページを使用すると、データコンシューマーは、利用可能なデータセットとサービスにアクセスしてクエリを実行し、情報に基づいたデータ主導の意思決定を推進できます。 Snowflake Marketplace の大きな利点は、データパイプラインを設定したり、コーディングしたりすることなく、共有データに直接アクセスできることです。データプロバイダーは、データセットを公開したり、Snowflakeデータコンシューマーがデータアナリティクスサービスを利用できるようにしたりできます。データコンシューマーは、Snowflakeアカウントから直接、ライブおよび管理対象の共有データセットに安全にアクセスし、リアルタイムで自動更新を受信します。

Marketplace page(s) in the Snowsight web interface

Snowsight での Snowflake Marketplace へのアクセスと使用方法については、 Snowflake Marketplace をご参照ください。

アクティビティページ

Activity ページを使用すると、クエリの詳細をモニターおよび表示したり、実行されたクエリのパフォーマンスを調査したり、さまざまなデータロードステータスをモニターしたり、データベースオブジェクトの履歴を調べたりすることができます。 Snowsight アクティビティは、クエリ履歴とコピー履歴の2つの領域に分かれています。クエリ履歴には、過去14日間にSnowflakeアカウントで実行されたクエリの詳細が表示されます。コピー履歴は、アカウント内のすべてのテーブルについて、過去365日間に発生したデータロードのアクティビティを表示します。

Activity page(s) in the Snowsight web interface

詳細については、 モニター活動 をご参照ください。

管理者

Admin ページでは、Snowflakeデータの使用の理解、ウェアハウスの管理、リソースのモニター、ユーザーとロールの管理、Snowflakeアカウントの管理などが実行できます。

Activity page(s) in the Snowsight web interface

詳細については、 Snowflakeの管理 をご参照ください。

ヘルプとサポート

Help & Support ページでは、Snowflakeの使用、サポートケースの管理などに関する役立つ情報を見つけることができます。

ユーザーメニュー

User メニューでは、セッションのパスワードまたはセキュリティロールを変更できます。セキュリティロールと、それらがインターフェイスに表示されるオブジェクトおよび実行できるタスクにどのように影響するかについての詳細は、 Snowflakeのアクセス制御 をご参照ください。

このメニューにアクセスするには、左上のログイン名の下にあるドロップダウンメニューをクリックします。

このドロップダウンメニューを使用して、次も実行できます。

  • ユーザーセッションの言語を切り替える(アカウントで追加の言語が有効になっている場合)。

  • 通知用のメールアドレスを設定する(アカウント管理者の場合)。

  • 現在のセッションをログアウトして閉じ、終了する。

  • 現在のSnowflakeアカウントの組織、エディション、クラウドプラットフォーム、およびリージョンを特定する。

重要

Snowsight を終了すると、Snowflakeはこのセッション中に送信された実行中のクエリをキャンセルします。

最上部に戻る