カテゴリ:

集計関数 (パーセンタイル推定)、 ウィンドウ関数

APPROX_PERCENTILE_COMBINE

パーセンタイルの入力状態を単一の出力状態に結合(マージ)します。

これにより、 APPROX_PERCENTILE_ACCUMULATE が同じテーブルの水平パーティションで実行され、各テーブルパーティションのアルゴリズム状態が生成されるシナリオが可能になります。これらの状態は、後で APPROX_PERCENTILE_COMBINE を使用して結合し、テーブル全体で APPROX_PERCENTILE_ACCUMULATE を1回実行した場合と同じ出力状態を生成できます。

こちらもご覧ください:

APPROX_PERCENTILE_ACCUMULATEAPPROX_PERCENTILE_ESTIMATE

構文

APPROX_PERCENTILE_COMBINE( <state> )

引数

状態

APPROX_PERCENTILE_ACCUMULATE の呼び出しによって生成された状態情報を含む式です。

testtable.c2 列の数値の中央値の近似値を返します(0.5は50番目のパーセンタイルを意味します)。

CREATE OR REPLACE TABLE mytesttable AS
  SELECT APPROX_PERCENTILE_COMBINE(td) s FROM
    (
      (SELECT APPROX_PERCENTILE_ACCUMULATE(c2) td FROM testtable WHERE c2 <= 0)
        UNION ALL
      (SELECT APPROX_PERCENTILE_ACCUMULATE(c2) td FROM testtable WHERE c2 > 0 AND c2 <= 0.5)
        UNION ALL
      (SELECT APPROX_PERCENTILE_ACCUMULATE(C2) td FROM testtable WHERE c2 > 0.5)
    );

SELECT APPROX_PERCENTILE_ESTIMATE(s , 0.5) FROM mytesttable;

mytest.s1 union mytest2.s2 の数値の2番目のパーセンタイルの近似値を返します。

CREATE OR REPLACE TABLE mytest AS (SELECT APPROX_PERCENTILE_ACCUMULATE(c2) s1 FROM testtable WHERE c2 < 0);

CREATE OR REPLACE TABLE mytest2 AS (SELECT APPROX_PERCENTILE_ACCUMULATE(c2) s1 FROM testtable WHERE c2 >= 0);

CREATE OR REPLACE TABLE combinedtable AS
  SELECT APPROX_PERCENTILE_COMINE(s) combinedstate FROM
    (
      (SELECT s1 s FROM mytest)
        UNION ALL
      (SELECT s1 s FROM mytest2)
    );

SELECT APPROX_PERCENTILE_ESTIMATE(combinedstate , 0.02) FROM combinedtable;

より広範な例については、 APPROX_PERCENTILE_ACCUMULATE の例のセクションをご参照ください。