カテゴリ:

文字列とバイナリ関数 (マッチング/比較)

ENDSWITH

最初の式が2番目の式で終わる場合、 TRUE を返します。両方の式は、テキスト式またはバイナリ式でなければなりません。

構文

ENDSWITH( <expr1> , <expr2> )

引数

expr1

検索する文字列です。

expr2

expr1 の最後に検索する文字列です。

戻り値

BOOLEAN を返します。 expr1expr2 で終わる場合、値はTrueです。いずれかの入力式が NULL の場合、 NULL を返します。それ以外の場合は、Falseを返します。

照合の詳細

The collation specifications of all input arguments must be compatible.

この関数は、次の照合仕様をサポートしません。

  • lower

  • upper

  • pi (句読点は区別しない)。

  • cs-ai (大文字と小文字は区別、アクセント記号は区別しない)。

SELECT * FROM strings;

---------+
    S    |
---------+
 coffee  |
 ice tea |
 latte   |
 tea     |
 [NULL]  |
---------+

SELECT * FROM strings WHERE ENDSWITH(s, 'te');

-------+
   S   |
-------+
 latte |
-------+

次の例では、照合で ENDSWITH を使用しています。

SELECT ENDSWITH(COLLATE('ñn', 'sp'), COLLATE('n', 'sp'));
+---------------------------------------------------+
| ENDSWITH(COLLATE('ÑN', 'SP'), COLLATE('N', 'SP')) |
|---------------------------------------------------|
| True                                              |
+---------------------------------------------------+
最上部に戻る