カテゴリ:

文字列とバイナリ関数 (マッチング/比較)

ENDSWITH

最初の式が2番目の式で終わる場合、 TRUE を返します。両方の式は、テキスト式またはバイナリ式でなければなりません。

構文

ENDSWITH( <expr1> , <expr2> )

引数

式1

検索する文字列です。

式2

式1 の最後に検索する文字列です。

戻り値

Returns a BOOLEAN. The value is True if expr1 ends with expr2. Returns NULL if either input expression is NULL. Otherwise, returns False.

照合の詳細

The collation specifications of all input arguments must be compatible.

この関数は、次の照合仕様をサポートしません。

  • lower

  • upper

  • pi (句読点は区別しない)。

  • cs-ai (大文字と小文字は区別、アクセント記号は区別しない)。

SELECT * FROM strings;

---------+
    S    |
---------+
 coffee  |
 ice tea |
 latte   |
 tea     |
 [NULL]  |
---------+

SELECT * FROM strings WHERE ENDSWITH(s, 'te');

-------+
   S   |
-------+
 latte |
-------+

次の例では、照合で ENDSWITH を使用しています。

SELECT ENDSWITH(COLLATE('ñn', 'sp'), COLLATE('n', 'sp'));
+---------------------------------------------------+
| ENDSWITH(COLLATE('ÑN', 'SP'), COLLATE('N', 'SP')) |
|---------------------------------------------------|
| True                                              |
+---------------------------------------------------+