カテゴリ:

集計関数 (一般)

GROUPING

GROUP BY クエリによって生成された行にグループ化される式のリストを記述します。

エイリアス:

GROUPING_ID

構文

GROUPING( <expr1> [ , <expr2> , ... ] )

使用上の注意

GROUPING は集計関数ではなく、集計と一緒に使用できるユーティリティ関数であり、行が生成された集計レベルを決定します。

  • GROUPING()は、 でグループ化された行に対して0を返し、 でグループ化されていない行に対して1を返します。

  • GROUPING(式1式2、...、 式N)は、 GROUPING(式1)、 GROUPING(式2)、...、 GROUPING(式N)を含むビットベクトルの整数表現を返します。

セットごとにグループ化します。

値が含まれるテーブルを作成および生成します。

CREATE OR REPLACE TABLE aggr2(col_x int, col_y int, col_z int);
INSERT INTO aggr2 VALUES(1, 2, 1), (1, 2, 3);
INSERT INTO aggr2 VALUES(2, 1, 10), (2, 2, 11), (2, 2, 3);

テーブルに値を表示します。

SELECT * FROM aggr2 ORDER BY col_x, col_y, col_z;
+-------+-------+-------+
| COL_X | COL_Y | COL_Z |
|-------+-------+-------|
|     1 |     2 |     1 |
|     1 |     2 |     3 |
|     2 |     1 |    10 |
|     2 |     2 |     3 |
|     2 |     2 |    11 |
+-------+-------+-------+

出力:

SELECT col_x, col_y, sum(col_z), 
       grouping(col_x), grouping(col_y), grouping(col_x, col_y)
    FROM aggr2 GROUP BY GROUPING SETS ((col_x), (col_y), ())
    ORDER BY 1, 2;
+-------+-------+------------+-----------------+-----------------+------------------------+
| COL_X | COL_Y | SUM(COL_Z) | GROUPING(COL_X) | GROUPING(COL_Y) | GROUPING(COL_X, COL_Y) |
|-------+-------+------------+-----------------+-----------------+------------------------|
|     1 |  NULL |          4 |               0 |               1 |                      1 |
|     2 |  NULL |         24 |               0 |               1 |                      1 |
|  NULL |     1 |         10 |               1 |               0 |                      2 |
|  NULL |     2 |         18 |               1 |               0 |                      2 |
|  NULL |  NULL |         28 |               1 |               1 |                      3 |
+-------+-------+------------+-----------------+-----------------+------------------------+