カテゴリ:

文字列とバイナリ関数 (マッチング/比較)

ILIKE ANY

1つ以上のパターンとの比較に基づいて、大文字と小文字を区別しない文字列の一致を許可します。

操作は LIKE に似ています。入力文字列がいずれかのパターンに一致する場合、これは入力文字列を返します。

こちらもご参照ください:

LIKELIKE ANY

構文

<subject> ILIKE ANY (<pattern1> [, <pattern2> ... ] ) [ ESCAPE <escape_char> ]

引数

必須:

サブジェクト

パターンと比較する文字列です。

パターン#

文字列が比較されるパターンです。少なくとも1つのパターンを指定する必要があります。

オプション:

エスケープ文字

ワイルドカードがワイルドカードとしてではなく、通常の文字として解釈されることを示すために、ワイルドカード文字の前に挿入される文字です。

戻り値

返される値のデータ型は VARCHAR です。

使用上の注意

  • SQL ワイルドカードは パターン でサポートされています。

    • アンダースコア(_)は、任意の1文字に一致します。

    • パーセント記号(%)は、ゼロ個以上の文字のシーケンスに一致します。

  • パターン のワイルドカードには、一致として サブジェクト の改行文字(\n)が含まれます。

  • パターンが入力文字列(サブジェクト)全体と一致する場合、パターンは一致と見なされます。文字列内の任意の場所のシーケンスに一致するには、パターンを % で開始および終了します(例:'%something%')。

  • NULL はNULLと一致しません。つまり、サブジェクトが NULL で、パターンの1つが NULLの場合、それは一致とは見なされません。

  • 関数がサブクエリで使用される場合、サブクエリは単一の行を返す必要があります。

    例えば、サブクエリが単一の行を返す場合にのみ、次を使用する必要があります。

    SELECT ...
        WHERE x LIKE ANY (SELECT ...)
    

これは、 ILIKE ANYの使用方法を示しています。

いくつかの文字列を含むテーブルを作成します。

CREATE OR REPLACE TABLE ilike_example(subject varchar(20));
INSERT INTO ilike_example VALUES
    ('jane doe'),
    ('Jane Doe'),
    ('JANE DOE'),
    ('John Doe'),
    ('John Smith');
SELECT * 
  FROM ilike_example 
  WHERE subject ILIKE ANY ('jane%', '%SMITH')
  ORDER BY subject;
+------------+
| SUBJECT    |
|------------|
| JANE DOE   |
| Jane Doe   |
| John Smith |
| jane doe   |
+------------+

ワイルドカード文字の使用方法の例については、関連関数 LIKE ANY のドキュメントをご参照ください。