カテゴリ:

文字列とバイナリ関数 (暗号化ハッシュ)

SHA1 , SHA1_HEX

160ビットの SHA-1メッセージダイジェストを含む40文字の16進数でエンコードされた文字列を返します。

これらの関数は同義語です。

構文

SHA1(<msg>)

SHA1_HEX(<msg>)

引数

メッセージ

ハッシュされるメッセージの文字列式。

使用上の注意

  • 関数の SHA1 ファミリーは、主に他のシステムとの下位互換性のために提供されています。より安全な暗号化のために、 SHA2 ファミリーの関数の使用をお勧めします。

SELECT sha1('Snowflake');

------------------------------------------+
            SHA1('SNOWFLAKE')             |
------------------------------------------+
 fda76b0bcc1e87cf259b1d1e3271d76f590fb5dd |
------------------------------------------+

出力のデータ型は文字列(VARCHAR)で、 VARCHAR 列に保存できます。

テーブルを作成して入力します。

CREATE TABLE sha_table(
    v VARCHAR, 
    v_as_sha1 VARCHAR,
    v_as_sha1_hex VARCHAR,
    v_as_sha1_binary BINARY,
    v_as_sha2 VARCHAR,
    v_as_sha2_hex VARCHAR,
    v_as_sha2_binary BINARY
    );
INSERT INTO sha_table(v) VALUES ('AbCd0');
UPDATE sha_table SET 
    v_as_sha1 = SHA1(v),
    v_as_sha1_hex = SHA1_HEX(v),
    v_as_sha1_binary = SHA1_BINARY(v),
    v_as_sha2 = SHA2(v),
    v_as_sha2_hex = SHA2_HEX(v),
    v_as_sha2_binary = SHA2_BINARY(v)
    ;

クエリと出力は次のとおりです。

SELECT v, v_as_sha1, v_as_sha1_hex
  FROM sha_table
  ORDER BY v;
+-------+------------------------------------------+------------------------------------------+
| V     | V_AS_SHA1                                | V_AS_SHA1_HEX                            |
|-------+------------------------------------------+------------------------------------------|
| AbCd0 | 9ddb991863d53b35a52c490db256207c776ab8d8 | 9ddb991863d53b35a52c490db256207c776ab8d8 |
+-------+------------------------------------------+------------------------------------------+