カテゴリ:

地理空間関数変換関数

ST_GEOGRAPHYFROMWKT

WKT または EWKT 入力を解析し、 GEOGRAPHY 型の値を返します。

エイリアス:

ST_GEOGFROMWKT , ST_GEOGRAPHYFROMEWKT , ST_GEOGFROMEWKT , ST_GEOGRAPHYFROMTEXT , ST_GEOGFROMTEXT

こちらもご参照ください。

TO_GEOGRAPHY

構文

ST_GEOGRAPHYFROMWKT( <varchar_expression> )

ST_GEOGFROMWKT( <varchar_expression> )

ST_GEOGRAPHYFROMEWKT( <varchar_expression> )

ST_GEOGFROMEWKT( <varchar_expression> )

ST_GEOGRAPHYFROMTEXT( <varchar_expression> )

ST_GEOGFROMTEXT( <varchar_expression> )

引数

varchar式

引数は、有効な地理空間オブジェクトを表す WKT または EWKT の文字列式である必要があります。

戻り値

この関数は、 GEOGRAPHY 型の値を返します。

使用上の注意

  • 入力が WKT または EWKT として解析できない場合は、エラーを発行します。

  • 入力形式が EWKT で、 SRID が 4326 でない 場合は、エラーを発行します。 EWKT および EWKB の取り扱いに関する注意 をご参照ください。

  • WKT および EWKT の座標の場合、経度は緯度の前に表示されます(例: POINT(l経度, 緯度))。

次の例は、WKT 形式内で説明された地理空間オブジェクトに対して、 GEOGRAPHY オブジェクトを返します。

-- Set the output format to WKT
alter session set GEOGRAPHY_OUTPUT_FORMAT='WKT';
select ST_GEOGRAPHYFROMWKT('POINT(-122.35 37.55)');
+---------------------------------------------+
| ST_GEOGRAPHYFROMWKT('POINT(-122.35 37.55)') |
|---------------------------------------------|
| POINT(-122.35 37.55)                        |
+---------------------------------------------+

次の例は、EWKT 形式内で説明された地理空間オブジェクトに対して、 GEOGRAPHY オブジェクトを返します。

-- Set the output format to EWKT
alter session set GEOGRAPHY_OUTPUT_FORMAT='EWKT';
select ST_GEOGRAPHYFROMEWKT('SRID=4326;POINT(-122.35 37.55)');
+--------------------------------------------------------+
| ST_GEOGRAPHYFROMEWKT('SRID=4326;POINT(-122.35 37.55)') |
|--------------------------------------------------------|
| SRID=4326;POINT(-122.35 37.55)                         |
+--------------------------------------------------------+