カテゴリ:

地理空間関数

ST_X

ポイントの経度(X座標)を返します。

構文

ST_X( <geography_expression> )

引数

地理式

引数は GEOGRAPHY 型で、ポイントを含んでいる必要があります。

戻り値

これは REAL 値を返します。

使用上の注意

  • 引数がポイントでない場合は、エラーを発行します。

これは、 VARCHAR データでの ST_X 関数と ST_Y 関数の簡単な使用法を示しています。

SELECT ST_X(ST_MAKEPOINT(37.5, 45.5)), ST_Y(ST_MAKEPOINT(37.5, 45.5));
+--------------------------------+--------------------------------+
| ST_X(ST_MAKEPOINT(37.5, 45.5)) | ST_Y(ST_MAKEPOINT(37.5, 45.5)) |
|--------------------------------+--------------------------------|
|                           37.5 |                           45.5 |
+--------------------------------+--------------------------------+

これは、 NULL 値での ST_X および ST_Y 関数の使用を示しています。

SELECT
    ST_X(ST_MAKEPOINT(NULL, NULL)), ST_X(NULL),
    ST_Y(ST_MAKEPOINT(NULL, NULL)), ST_Y(NULL)
    ;
+--------------------------------+------------+--------------------------------+------------+
| ST_X(ST_MAKEPOINT(NULL, NULL)) | ST_X(NULL) | ST_Y(ST_MAKEPOINT(NULL, NULL)) | ST_Y(NULL) |
|--------------------------------+------------+--------------------------------+------------|
|                           NULL |       NULL |                           NULL |       NULL |
+--------------------------------+------------+--------------------------------+------------+