カテゴリ:

変換関数

TRY_TO_BOOLEAN

同じ操作を実行する(入力式をブール値に変換する)が、エラー処理がサポートされている TO_BOOLEAN の特別バージョンです。(つまり、変換を実行できない場合、エラーを発生させる代わりに NULL 値を返します)。

詳細については、 エラー処理変換関数 をご参照ください。

構文

TRY_TO_BOOLEAN( <string_expr> )

引数

文字列式

BOOLEAN 値に評価できる文字列式です。

戻り値

返される値のデータ型は BOOLEAN です。

使用上の注意

  • 文字列式でのみ機能します。

これは TRY_TO_BOOLEAN の使用方法を示しています。

SELECT TRY_TO_BOOLEAN('True')  AS "T", 
       TRY_TO_BOOLEAN('False') AS "F",
       TRY_TO_BOOLEAN('Oops')  AS "N";
+------+-------+------+
| T    | F     | N    |
|------+-------+------|
| True | False | NULL |
+------+-------+------+